アクセスランキング

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 07

* ワンダーランドなFXと園芸 *

こだわることなく、まったりとやってゆきます。

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

トレード方針(2009/2/12 修正) 

Posted on 11:05:05

当面のトレード方針です。
人様の知恵の寄せ集め方針ですが
有り難く、拝借させて頂き、しばらくは、これを崩さず、統計をとって、どうなるのか様子を見ようかとkao03

※記事にあるリンク先は、私が参考にさせてもらってるだけ、という事を、ご理解下さい。

他、こうした方が良いんじゃない?とか、こんなのもあるよ^^とか
何でも教えて下さいねkao01


以前(2008年)のはこちら

-------------------------------

(2009/2/12 修正)

☆大切なこと☆

・無理をしない
・待つ(好条件を増やす)

・満足する

・簡単に
・単純に
・シンプルに

・楽しむ

・素直に
・謙虚に
・トレンドに乗る

・時には大胆に

・ありがとう
・感謝します
・ついてる

・毎日あらゆることで良くなっている

・時間を買う

自分の目線(短期とか中期とか)をキッチリ持って、損切り&利確は、しっかり予定に入れて動くようすること 。


○目の前のワンリズムを取る。

○動きそうなムムムの匂いと、動いた方へついていく 。

○「条件」が「確定する」のを待って、いざ「行動」。(玉操作含む)

○調子の良い時に、大きく振り返ってみる。

----------------

☆負ける理由

○わからない時に、入って、わからないから損切ってを、相場に変化がないのに、つい繰り返してしまう。

○気が短い

○エントリーとエグジットが早い

・勘で入る
・急な動きに反応してしまう
・追いかける
・思い込みを放さない



対策  ●大局を見る



-------エントリー--------

・わかりにくかったら待つ(保ち合い中などで、無理に入らない)

・エグジットポイント(ストップやリミット)を想定しておく。(すぐにストップを置く。)

・途中、予想外の値動きになった時用にも、その時にはどうするのか、あらかじめ、想定しておく。

・上位の時間軸の流れがハッキリしないものの、それより短期ではトレンドがありそうなら、短く利確するつもりをしておく。

・逆に、上位の時間軸の流れもサポートされそうなら、ゆっくり持つ心つもりをする


上がったら、そのまま上げきって、次、下げる時まで、待つ。
下がったら、そのまま下げきって、次、上げる時まで、待つ。

[GOOD]
安くなってきたら、買う準備。
 →か、戻り売り準備。

高くなってきたら、売る準備。
 →か、押し目買い準備。

[BAD]

安くなったから、もっと下げるだろうと、続いて売る。

高くなったから、もっと上げるだろうと、続いて買う。


--------エグジット---------

値動きだけじゃなく、他のインディケータの、伸びや色をチェックする。

長い足が出た後は、その足より短くなってゆく(値幅が取れない)と思っておく。

スイング目線
チャートの形が変わるか、MA・トレンドラインを超えるかで、エグジット。

スキャル目線
T3の折り返しで利確

○各テクニカル指標のサイン・チャートの形に、素直に従う。

○欲張らず、利が乗ってるうちに、利確する。

[GOOD]

グッと値が動いたら、利確。

[BAD]

目処を無視して、もっと動くんじゃないか?また下げる(上げる)んじゃないか?と持つ。

---------------------------

---メイントレード---

トレンドフォロー

デイ
(長期足の流れなの中の、間を、短期足で、タイミングなどを調節して取る)

ドル円・ポンド円


---トレードに入るまでに---

○長期足から順番に、トレンドを確認。
(トレンドラインBrainTrendの色や、値の場所、ホリゾンタルラインの有無、などを確認する。)

○当日~1週間辺りの、経済指標の日にち、時間、注目度などをチェックしておく。

○yahooニュース(経済・市況)の朝に出る通貨オプションのボラリティをチェックしておく。


---テクニカル---

リズムMACDのインディケータのバランス
・ローソク足のバランス(基本酒田五法ちょっと)
ダウ理論(トレンドライン()・1-2-3formation
グランビルの法則
エリオット波動理論
・フィボナッチ(通常BIG WAVE 8
・その他定石


☆トレンドライン・ホリゾンタルラインを書く。

★上昇・下降・保ち合い どのトレンド中か。

また、どのトレンド中なのかわかったとして、今は、そのトレンドの、どの辺りの位置にいるのか確認。
(各時間枠チャートの色や、今の価格、トレンドラインに近いかとか)

保ち合いに入ったら、時間枠の長いチャートから順番に、上記を確認し、次の動きを想定、準備する。(テキスト文書に書いておくとか良いかも)

★「こだわらない」

インディケータは「参考にするだけ」で、こだわりすぎない

(テクニカル指標は、値動きの結果を表示してある物として、あくまで参考として見る。)

○時間軸で迷う時は、それぞれの時間軸を切り離して考えてみて、どの流れの、どこからどこを拾うのか決める。

○メインチャートのトレンドだけではなく、ダイバージェンスにも気をつける。

(ダイバーが発生していても、その時間軸より、長期の時間軸の、サポートがなければ、トレンドは継続される可能性が高い)


・BrainTrendのサインの反転に従ってエントリーした時は、BrainTrendのストップのサインに従って、ストップロスを置く。

・MACDが、0ラインをまたいだ時は、強い値動きがある可能性が高い。

・MACDの幅が、広がった後の収縮で、そのワンリズムの終わりの準備をする。

・T3のクロスと、MACDの反転や0ラインをまたぐのと、重なる時が多いので、2本の線の乖離幅にで、先の値動きを想像する。


・トレンドラインは、転換点から、次の山(谷)を結んだら、それは消さない。
  ・目立つポイント
  ・BrainTrendの同色バーの最初の2つか、
   もしくは転換点からのライン
  ・二つ目の山(谷)としてバーが出ない時は、
   転換点とその次のバーを結ぶ

・トレンドラインが、交錯しややこしい時は、待つ。

・上昇中のトレンドラインを、値が完全にまたいでしまったら、トレンドの転換の準備をする。

・ホリゾンタルライン(短期も長期も)引いておいて、エグジットの目処にする。
 逆に、ホリゾンタルラインの付近でのエントリーは、慎重にする。

・ホリゾンタルライン(トレンドライン)は、トレンドが変わった後でも、抵抗線になりやすいので、特に時間軸が長く、目立つ位置のラインは、消さない。

・ローソク足の出方と、移動平均線のクロスや乖離幅などで、直近の値動きを想像する。




---ファンダメンタル---

・他通貨・他市場とのバランスや、経済指標、大手企業の経営状況など、為替へ影響し、その後も継続される事もあるので、一応、チェックしておく。



---心理---

○わかりにくい時には、エントリーしない。

○損切りや早すぎる利確をしたとしても、また次のエントリータイミングは来ると思うようにする。

○チャートを客観的に見る。
   ・自分の期待を入れない
   ・単純に、シンプルに

○良い条件になるまで待つ

○テンションのスッキリしない時は、休む
 (後回しにする)

トレーニングしながらトレードする
 (参考:デイトレーダー生存率向上ブログ

---マネーマネージメント---

・一日の利益の幅や金額を決めない

・複利運営する(参考:デイ・アフター・トレード☆

・1日、1週間、1か月の単位で、締める。

・エントリー・エグジットで、迷う時は、試し玉・分割で動かしてみる。(2008/11/28追記)



---毎日する事---

・思いついた事をメモしておく

・統計をとっていく為に、資金管理・相場状況・勝敗の理由なども、毎日メモし、1日・1週間・1か月単位で、締めくくって、まとめていくようにする。

・もしも途中でサボってしまっても、諦めず、思い出したら、また始める。



---その他---

○新しい事を見つけた時は、ここに書いてある事と、別として、試してみる。



---当面の課題---

☆「待つ・様子見」
 ↓
良い条件にしていく

☆「なかなか利益が上がらない」
 「トータル目標まで長い」
 ↓
目の前のワンリズムを取る

☆「ルールを守る」
 ↓
安全・平和にいる

☆「休む」
 ↓
無理しない
後回しにする

☆「良さそうだから・良いと聞くから、する」
 ↓
自分で決めたからする

---------------------------

ちなみに、「トレンドを読む」という基礎を教えてもらってて、お師匠さんは、外為FXテクニカル分析のマダイさんです^^


Thank you for every day!


スポンサーサイト
ルール  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

今年の課題・テーマ リンク 

Posted on 11:47:56

今年のテーマ


「利益を残しながら学んでゆく」

検証法めも1

1.やればやるだけ儲かる作戦
2.パターン化


利確スタイルめも

グダグダしかけたら立て直す作戦 と 検証の感想

ルール  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

オプションとは。 

Posted on 16:33:45

これは、単なるメモです羆

とっても混乱&同じところでグルグルするので、書いていけばましになるかと・・・

なので、どんどん変化していきます(笑)

訂正・追記、大歓迎です


根気の良い方は、続きをどうぞ(笑)

-----------------

普通のFX用

○ボラティティ(=相場の変動率(幅))

ボラリティが低い→市場参加者は、あまり相場は動かないとみている
ボラリティがジリジリ上昇してくる→相場が大きく動くかも?

A社の株価500円とすると、ボラティリティを20%とすると、この株価は向こう1年間、400円から600円の範囲内で変動する可能性を意味する。


○リスクリバーサル

・市場参加者が、この先、どれだけ円高へ行くとみているか

RRが低くなる=円高への備えが減っている→円安へ向かうかも?


----------------


★オプション

・権利の売買
・「保険」としての商品

・コール=買う権利 (買う人・売る人)
・プット=売る権利 (買う人・売る人)


原資産を、あらかじめ決められた価格で
決められた数量を
あらかじめ決められた期日までに
買う または 売る 権利
の売買


原資産を、権利行使価格で
自分が決めた数量を
権利行使期日までに
プレミアムを支払って買う または プレミアムを支払ってもらって売る ことができる権利
の売買。




★オプションの値段=プレミアム

・買う人は、売る人に、プレミアムを支払う
・売る人は、買う人から、プレミアムをもらう。

○利益が出やすいほどオプションは高い
○期間が長いほどオプションは高い
○ボラリティが高いほどオプションは高い

※ 売りや買いに有利な状況を見つける
※ ボラリティの不均衡を利用するという考え方が基本

プレミアムは、価値・時間・ボラリティなどで、変化する。

★カバードオプション  ネイキッドオプション

原資産を持っている状態で、取り引きするとき、カバードオプション

原資産を持たずに、取り引きするとき、ネイキッド・オプション(裸のオプション)


★売買される各権利(買う権利・売る権利)の対象となるもの=原資産

★原資産は価格が決まってて、その値段で、買える(売れる)権利を売買する=権利行使価格=ストライク

★権利を行使できる期日が決まってる=権利行使期日



★オプションの損得

○FX相場が、動くか・動かないか
○動くスピードが速いか・遅いか
○いつごろ動くのか

・プレミアム代(買う人はプレミアムを最初に支払う。売る人はプレミアムを最初にもらう)
・原資産(FXのリアルレート)が変動し、権利行使の時の代金。
・プレミアム代が変動しての差損益。

「コール買い」の人たちは、買う権利を買ったわけで、権利行使価格より、円安(ドル高)を希望。

「コール売り」の人たちは、買う権利を売ったわけで、権利行使価格より、円高(ドル安)を希望。

「プット買い」の人たちは、売る権利を買ったわけで、権利行使価格より、円高(ドル安)を希望。

「プット売り」の人たちは、売る権利を売ったわけで、権利行使価格より、円安(ドル高)を希望。



★買う人は。

オプション料金(プレミアム)を、売り手さんに支払う。

その代わり、権利行使期日までなら、いつでも、権利を行使できる。
(本当に原資産を買うので、その料金(原資産の値段×数量)が別途必要となる)

けれど、権利行使期日を過ぎたら、権利は消滅する。

ので、得するためには、権利行使期日までに、権利を行使するか、か、権利行使期日までに、権利を売り手に買い取ってもらうか、転売する(この時は、売り手になるので、プレミアムをもらう。はず。)のを、上手にできたら、得をする。はず。

特にアウト・オブ・ザ・マネーのオプションの買い手が、利益を得るためには、短期間に相場が予想した方向に大きく変動する必要がある


★売る人は。

オプション料金(プレミアム)を、買い手さんからもらう。

その代わり、買い手が権利行使したら、応じなければならない。

その場合、権利行使価格で買い取らないといけないから、原資産の時価が、権利行使価格より高くなると損。

レンジ相場に強い

大きなイベントの間近や、トレンドが起こる間近(トレンド中)は、不利になりやすい。

インプライドボラリティが、低い水準にある時も、プレミアムが高くなっていく可能性が高いので、不利になりやすい。

一般に、満期までの期日が15~30日ほどのオプションを売ることで、タイム・ケイディの恩恵を最大限に受けることができる

権利行使を受ける義務があるため、損失が大きいので、十分な余裕を持てる資金と、損切りや、ポジション調整などが、必須になる。

時間価値しか無いアウト・オブ・ザ・マネーのオプションを売り、タイム・ケイディを利用して利益を得るのが基本


★コール(買う権利)を買った人は。

・原資産を、権利行使価格で、買える権利を、買った。

・プレミアムを支払わなければならない。

・期日に、権利行使することができる

・権利行使価格よりも、実際の値段(原資産の価値)が、高くなったら得。(=実際は高いのに、それより安い値段で買えるから。)

・権利行使価格よりも、原資産の時価が、安くなっても、価値はマイナスにならず、「0」とされるので、最初に支払ったプレミアムの分の損。(プレミアム代の分だけ、原資産が上昇したら、チャラ)

・オプション自体の価値が上昇(プレミアムが上昇)したら、オプションを転売することができる。

・原資産の価値が上がらない か、下がってしまうと、権利放棄することもできる。

・「損失限定・利益無限大」


★コールを売った人は。

・原資産を、権利行使価格で、売らなければならない(かもしれない)権利を、売る。

・プレミアムを先に受け取ることができる。

・もし、原資産の時価が、権利行使価格より、高くなったら、損をする(=実際の値段より、安く売らなければならないから。また最初にもらったプレミアム代分までなら、高くなってもチャラ)

・権利行使価格よりも、実際の値段(原資産の価値)が、低くなったら得(=実際の値段より、高く売れるから)

・期日に権利行使に応じる義務を負っているので、期日に原資産が上昇してしまっていると困るので、売ったオプションを買い戻すこともできる→原資産が上昇(=プレミアムも上昇)していて、売った時よりも高くなっている分、損失があるのだけれど、損切りと同様、損の拡大を抑えれる。

・もしも、原資産の価格が上がらなかったら、売ったオプションの価値が0になったので、権利行使されることもなくなり、最初に受け取ったプレミアム代の分、得をする。

・「利益限定、損失無限大」

・ただし、売った人は、最初にもらったプレミアム代金分以上に、原資産の価値(プレミアム)が上がらなければ、得をするため、もし相場が、保ち合い中などで、動きがなくても得をする。


※ オプションの買い手は、あまり権利行使されることもないまま期日を迎えるのが多いし、最初にプレミアムを支払う分、ほとんどの場合に損をするけれど、まれに高い利益を得れることがある。

※ 逆に、オプションの売り手は、利益を得られる可能性がとても高いけれど、思わぬ相場の大変動で、大損する可能せうもある。


★プットオプションを買った人は。

・期日に、決めた数量分、権利行使価格で、売ることができる権利を、プレミアムを支払って、買った。

・義務と権利は、コールと同様

・期日に、権利行使価格より、原資産の時価が、安くなっていたら得(時価より、高い値段で売ることができるから)


★プットオプションを売った人は。

・原資産の時価が、どんどん下がってしまうと、時価より、高い値段で買い取らないといけないから、その差額分、どんどん損が膨らむ。

・買い手は、自分が原資産を持っていたとしたら、プットオプションを買うことは、リスクヘッジになり、逆に、売り手は、保険を売っているような感じ。



★損益のまとめ

原資産、ドル円100円として。

コール買い(100円で買えるう権利を買う)ので、原資産の時価が上がる(105円)と、権利行使すれば、時価より安く買えるので、得。時価が下がれば、価値が0になるし、相場に変動がなければ、先にプレミアムを支払っているので、その分以上に上がらないと得はない。

コール売り(100円で売らなければならない義務がある)ので、原資産の時価が上がる(105円)になると、時下より安く売らないといけない分、損をする。時価が下がれば、権利行使されることもなくなるし、相場に変動がなければ、先にプレミアムをもらっているので、その分得する。

プット買い(100円で売れる権利を買う)ので、原資産の時価が下がる(95円)と、権利行使すれば、時下より高い金額で売ることができるので、得。時価が上がれば、時下より安い金額で売ることになるので、価値がなくなり、相場に変動もなければ、先にプレミアムを支払っている分、損。

プット売り(100円で買い取らないといけない義務がある)ので、原資産の時価が下がる(95円)と、時下より高く買い取らないといけないので、損をする。時価が上がれば、権利行使されることもなく、相場に変動がなければ、先にプレミアムをもらっているので、その分得。




★イン・ザ・マネー

コールオプションを買うとして、(ドル円)時価100円として、権利行使価格95円だったとすると、すでに、権利行使すれば利益を上げれる状態。=本質的価値がある=プレミアム高い

デルタ50以上

★アット・ザ・マネー

コールオプションを買うとして、(ドル円)時価100円として、権利行使価格も100円だったとすると、本質的価値を持っていない。

デルタ50

★アウト・オブ・ザ・マネー


コールオプションを買うとして、(ドル円)時価100円として、権利行使価格は、105円だったとすると、権利行使するより時価で買った方が得なので、実質的価値がない=本質的価値を持っていない。=プレミアム中

プットオプションを買うとして、(ドル円)時価100円として、権利行使価格は、95円だったとすると、権利行使するより時価で売った方が得なので、実質価値がない。

デルタ50未満


※ アット・ザ・マネー と、アウト・オブ・ザ・マネーには、将来、原資産の価値が変動して、オプションに価値が生まれるかもしれないという期待感(時間的価値)しかない。=プレミアム低

※ プレミアム=本質的価値+時間価値
  時間価値=プレミアムー本質的価値
  
※ オプションの本質的価値は、原資産と権利行使価格の差によって決まる




★タイム・ディケイ(Time Decay)

・時間価値は、オプションの満期が近付くにつれて減少し、最終的には0になる。(最初はゆっくり減少し、満期直前になると、急激に減少する)

・期日に、イン・ザ・マネーになっていないオプションは、価値が0円になる

例:アウト・オブ・ザ・マネーのオプションを買っていても、相場が思うように動かない時は、本質的価値がもともとないため、時間価値まで0になる前に転売するのも、リスク管理の一つ。

・逆に、オプションを売った場合は、期日が近付けば近付くほど、オプションの価値(プレミアム)がどんどん下がっていくので、利益を確保しやすい。

・タイム・ケイディのスピードは、オプションの種類によっても、多少、異なる。
(一般に、満期までの期間が15~30日ほどのオプションを売ることで、タイム・ケイディの恩恵を最大に受けることができる)


★権利行使の方式

○アメリカンタイプ

オプションの満期までであれば、いつでも権利が行使できる
その代わり、プレミアムが割高になる

○ヨーロピアンタイプ

満期日にのみ権利行使できる

※ FXオプションは、この、ヨーロピアンタイプのみ。


★権利行使時、原資産の時価もしくは権利行使価格×数量の資金が必要



★プットオプションを売る(買い取らないといけない義務)

・もし、権利行使価格より、原資産の時価が下がらなかったら、プットオプションの買い手は権利放棄するので、最初に受け取っているプレミアム分得をする。

・もし、権利行使価格より、原資産の時価が、ちゃんと下がったとしたら、プットオプションの買い手は、権利を行使するので、権利行使価格×数量分、買い取らなければならない=もし、最初から、その価格まで値下がりしたら買う予定だったとするなら、最初にもらってるプレミアム代の分得。


★コールオプションを売る(売らなければならない義務)

・原資産の下落時に、アウト・オブ・ザ・マネーのコールを売れば、もともとオプションの価値は0なので(権利行使されることはなく)、最初にもらうプレミアム代の分、得をする。(株などで、もともと原資産を持っている時には、特に有効=カバード・オプション)



★ボラティリティ

価格の変動率(幅)が大きいほど、ボラリティが高い→買い手からすると、利益が上がる可能性がある→プレミアムも高い

買い手が多い権利行使価格のオプションは値段が上がるし、売り手が多い権利行使価格のオプションは、値段が下がる。

コールとプットのボラティリティは異なる
同銘柄(市場)の同じアット・ザ・マネーあるいはアットから同じ距離(価格)だけ離れたアウト・オブ・ザ・マネーのコールとプットのボラティリティはしばしば大きく異なっている。つまり、コールがプットに対して割高か割安の状態にある場合が多く見られるということ。
→特に、Nikkei225 やS&P500 のような株価指数ではしばしばプットがコールに対して割高である場合が観察されます。これは、機関投資家がリスクヘッジの目的でプットを大量に購入しているためといわれています。

ボラティリティが上昇する時は時々急上昇するが、低下時は緩やか
通常、オプションのボラティリティは緩やかに上下するが、特に、低下時においては緩やかな低下傾向を示し次第に横ばい状態になる傾向がある。一方、ボラティリティの上昇時においては時々急激に上昇する場合がある。まれなケースですが、ボラティリティが一夜にして数倍にも上昇したケースとしては、1987年の米国株式市場の暴落時のS&P500、1990年の湾岸戦争時の原油市場や金市場など。

相場の変動同様にザラ場のボラティリティもしばしば大きく変動する
基本的に、ボラティリティは毎日のオプション価格の終値を基に算出されますが、当然ながら日中において、相場(原資産市場価格)の変動に伴い、オプション価格も変動するのでボラティリティは日中大きく変動する場合がある。このために、ボラティリティは日中、本来あるべき数字から大きく乖離する場合が認められる。(日中間でオプションを売買する投資家にはしばしば利益を得るよいチャンスが巡ってくる。)

★ヒストリカル・ボラリティ

過去の継続的な価格変動を平均化することによって算出される。(変動率(幅))

★インプライド・ボラリティ(こちらが重要)

・オプションの最新の価格を元に算出される(=プレミアムによって変動・ボラリティの実測値)

・そのオプションが割高か、割安かを知ることができる

★ボラリティにもトレンドがある

・オプションによって、おらりティの変動幅は大体決まってる(周期的な上下変動)

・原資産価格が大きく変動した時は、その変動幅を抜けて、ボラリティが上昇することもある

・ボラリティが相対的に低い位置にある時、そのご原資産の価格が大きな動きをみせる可能性が高い

★ボラリティの変化での有利・不利

オプションのインプライドボラリティが高い水準にある→プレミアムは高い→ボラリティは今後下降する可能性が高い(プレミアムが安くなる可能性が高い)→オプションの売り手には有利・買い手には不利。

オプションのインプライドボラリティが低い水準にある→プレミアムや安い→ボラリティは今後上昇する可能性が高い(プレミアムが高くなる可能性が高い)→オプションの買い手にとって有利・売り手にとって不利。


★ボラリティが高い・低い

過去のボラリティ推移と比較して言う


★スプレッド

・オプションの買いや売りを組み合わせた戦略のこと

・ボラリティの不均衡を利用して売買を行う

例:原資産価格が大きく動いた後など、アット・ザ・マネー付近のオプションに比べて、アウト・オブ・ザ・マネーのボラリティが極端に高くなることがあり、アット・ザ・マネー付近のオプションを買い、アウト・オブ・ザ・マネーのオプションを売る。など。


★ストラドルの買い

・ある原資産に対して、ややアウト・オブ・ザ・マネーのコールとプットと両方買うやり方

・どちらに動くかわからないけれど、原資産価格が、これから大きく変動する可能性が高い時に有効。

・値動きがなければ、買い手になるのは、損するだけだから、特定のイベントを狙い撃ちして、うまくいけば、利益がある

・原資産とオプションを買うのの差は、レバレッジに差があるので、うまくいけば、オプションの方が得だし、万一、値上がりしなくても、オプションの買い手の損失は、プレミアムに限定されている。


★ショート・ストラングル(ニュートラル・オプション・ポジション・スプレッド)

・コールとプットを同時に売る。

・変動が急激でないかぎり、相場がどちらに動いても関係ない。

・売り手は、タイム・ディケイの恩恵もあるので、プレミアムが減少していく分、有利。

・市場が予想を超える大きな変動をした場合には、一方のオプション・プレミアムが急騰して大きな損失になり、そうゆう時には、もう一方のオプション・プレミアムやタイム・ケイディでは、カバーできない。


★クレジット・スプレッド

ある権利行使価格のオプションを売り、それよりも、アウト・オブ・ザ・マネーのオプションを買う組み合わせのこと

権利行使価格100円のプットを売り、権利行使価格95円のプットを買うと、プレミアムの差額の分、利益となる

プラス、売りと買いで、大きな変動を相殺できるから、損失を限定できる。


★ストラテジー

オプション取引においては、実際にとるポジションのことを「ストラテジー」と言います。
ストラテジーとは英語のstrategyのことで「戦略」という意味があります。オプションのポジションのとり方は無数にあり、株式や先物の取引のように、相場の上昇・下落の方向性を当てるだけでなく、ボラティリティの変化、タイムディケイ(時間価値の減少)、ミスプライス(理論価格からの乖離)、オプション価値の割高・割安を利用した裁定、権利行使価格の差を利用したスプレッド、残存日数の差を利用した限月間のスプレッド等、「戦略性」に富んでいます。
このような多彩なポジションがとれることを考えると、単にポジションと呼ばず、ストラテジーと呼ぶ理由が納得できます。
例:「買い戦略」、「売り戦略」、「スプレッド」(カレンダースプレッド、リバースカレンダースプレッド、クレジットスプレッド、レシオスプレッド)



★デルタ

・原資産の価格変動に対するオプション・プレミアムの変動率。

・デルタが高いオプションは、原資産価格の変動によってプレミアムが大きく変動し、デルタが低いオプションは原資産価格が変動しても、プレミアムが少ししか動かない。

コールオプションは、正、プットオプションは、負。

イン・ザ・マネーのオプションは、0.8~0.9以上のデルタ値を持ち、原資産の価格と、ほぼ連動してプレミアムが上下する。

アットザマネーは、通常0.5に近い。

アウトオブザマネーは、0.2以下が多く、原資産の価格変動がプレミアムに与える影響が小さい。

・原資産市場(FX市場)の価格の変化に対するオプション価格の感応度

オプション価格に影響を与える要因は、第一に原市場の動きです。デルタとは、原市場の動きに対するオプション価格の変化度を表したものです。例えば、デルタ0.50とは50%のことで、原市場の価格が1ドル動いたときに、オプション価格はその半分(50%)の0.50ドル動くことを意味しています。これを“デルタ・リスク”といいます。
原市場の動きはプレミアムに対して大きな影響力があり、それはデルタの大きさと関係があるのです。ここで言う“リスク”とは「損失の可能性」だけではなく「利益の可能性」をも意味します。つまりデルタが大きければ“損失の可能性も利益の可能性も高い”ということになります。ひと言で表現するなら、デルタはリスク(損益)の度合いを示しているのです。
デルタの表記法ですが、

*コールは0.50または50(=50%)、
*プットは-0.50または-50(=-50%)
プットはコールと相場の向きが逆であることを示すため「-(マイナス)」を数字前に置きます。


★ガンマ

・FX市場価格の変化に地アするオプションのデルタの変化率


★ベガ

・オプションのインプリライドボラリティの変化に対するオプション価格の変化率


★セータ

・時間の経過とともに失うオプションの価値

売り手さんからしたら、売ったものが安くなるので、買い戻す時に、得する。

買い手さんからしたら、買ったものが安くなるので、売る時に、損する。




テーマ - 外国為替オプション取引

ジャンル - 株式・投資・マネー

△page top

メンタルトレーニングルール 

Posted on 01:30:57



トレーニングの目的

☆勝っても負けても、淡々としている心理状態を作り、慣れる事(=心理負けしない訓練)

☆利を引き伸ばす感覚を掴む事

☆1週間トータルプラス

☆自信をつける

-----------------------

トレーニング方法

1.10~20トレード以上継続し、途中でルールを変更しない。

  もし、途中で、ルール違反をしたら、最初からやり直し。

  ルールを変更せざるを得なくなったら、また最初からやり直し。

2.エントリーするまでに、しっかり戦略を立て、損切り・目処を持ち、吟味・納得した上で、エントリーする

3.損切りポイントに来たら、必ず、切る。
  原則、成行決済にて、損切りする。
  その回のトレードには、負けであったとしても、自分に勝ったと評価する。

4.ストップに逆指値利用もありだけれど、基本、トレーニング中は、成行決済で、訓練する。

5.エントリー前に決めたストップにかかるまで、エントリー当初の値のブレは、許容し放置しておく。(一定以上の含み益が出たら、ストップを切り上げ、利を確保しておく)

6.目処までの距離が長く、途中の抵抗線で、戻しが入る可能性がある時は、戻す可能性の強弱を配慮し、可能性が高いと判断した時は、一旦、利食いする。

  それ以外の、途中の小戻しでは、利食いストップ(逆指値)の切り上げにて、待つ。

  例外として、利食いストップにかからなくても、中期足での反転(1H以上程度)が明確ならば、利食ってもOK

7.エントリー後、かじりついてモニター見てないで、ローソク足の数数えてみたり、値幅計ってみたり、定石探してみたり、何か楽しみつつチャート見ておくようにする。

--------------

備考

ほんとは、まず「1」に、デモトレとあるんだけれど、これは過去の経験上、真剣に出来ないので、現状通り、千通貨単位で行う。

「1」の回数は、最低10回から程度とあるが、まずは、5回とし、数を増やしていく。

「3・4」の成行決済については、極力、手動で行う前提ではあるが、エントリー値付近での値のブレが超時間になってくると、利席もありえるので、そうゆう時は、指値しておく。

「5・6・7」は、応用で、勝手に追加^^;;

------------------------

トレーニングの目標

○戦略→エントリーまでに、損切りを受け入れ、かつ、利を伸ばす覚悟を決めて、エントリーする。

○含み益・含み損の大小、値の上下に、左右される事なく、淡々と、相場を見るようにする。

○自分の勝ちパターンのみを選んでトレードする

○ファイリング時
  ・チャートの検証(時間・値幅含む)
  ・ファンダの補足
  ・心理状態のチェック(自己採点含む)
  ・エントリーまでの状態(戦略)と結果の比較

------------------------

チェックポイント

・具体的な戦略をたてていたか?

・単に「上がりそう」「下がりそう」で、勝負していないか?

・エントリーした後の戦略を確定させてから、エントリーしているか?

・その戦略に沿って、確実に行動する事を自分に誓ってエントリーし、実行できたか?

-----------------------

トレードルール

損切りライン(値)は、短い目でOK。

(ほぼ5分足にて、タイミングを計るため、5分足・15分足ぐらいのバランスを見て、ストップ値を決定する。)

最大目処(ターゲット)の手前で、指値。
(途中の抵抗線が明確な時は、そこで利確OK。
 また1H以上の足辺りで、反転の条件がそろえば、利確OK。)

エントリーは、自分の勝てると思うポイント(条件と感覚)に従う。

(下手な可能性に賭けない・無理に早い目のエントリーで利幅を狙おうとしない)

目標回数をこなすまでは、資金量(建玉数)は、増減させない。(増玉・分割決済など、戦略に組み込んだ時は別)

------------------------

補足

◎週単位プラス・トレーニングの達成を実現するのには、「簡単なトレード」&「淡々とした心理状態」でいる。

利点  自信が付く

◎自分の強みを確定できるし、強みが明確になれば、応用していける。

◎「(利益/損失>1)/週(月)」となってトレードでの利益とし、そうゆう仕事であると認識する。

◎また、勝算のあるポイントを、予め見つけておき、そうゆう状態になる(条件が整う)のを、待ち伏せるのが仕事と、認識する。

(エントリーポイント待ちが、種を植えて、芽が出るのを、待つイメージ。
 エントリーしてからエグジットまでは、芽が伸びて、花が咲くまで、待つイメージ)

◎プラン通りに管理された損失は、「勝ち」であると認識する。

◎「ものは試し」が始ると、負けトレードに戻ったと認識する。

◎利益として残るトレードが出来たら、しばらく、何も足さない・何も引かない。

 (マーケットの女神は、「一貫性ある者」のみに微笑む。と心得る)

◎上記とは逆に、優位性について、勉強、研究、考察、実験、検討、、、と、様々な努力をする事は、別の事として努力する。

◎トレードと、お金儲けとを、切り離して考える。
 トレードは、ゲーム。
 ゲーム(トレード)に勝てば、必然的に、利益で残る とし、お金を儲ける為に、トレードで勝つという意識と、すり返る。
 利点 欲の欲性・淡々とした心理状態の確保

◎自分の中での、「これなら勝てる」と感じている方法(状態)に、似たトレードを、いかに繰り返せるかに集中する。

◎上がるか、下がるかの、二者択一(50%)の確立なのが、相場であっても、チャートを見れるようになった分、自分には、優位性が少しでもあると自覚する。

◎自信の持てないトレードに、わざわざ自分から飛び込む必要はない。(見送る自由がある)

◎「ザラ場で、儲けたいとも、損したくないとも思わないトレード」に注目する。

◎「利が乗ったトレードを放置する」という事の「優位性」を体感していく。

◎いかに心理をコントロールして、勝つ事に撤する事ができるか。

◎自信や集中、戦略の検討と、利益が上がった後に、大丈夫と慢心するのとは、別と心得る。

◎とはいえ、難しく考えない

(2009年3月23日)

---------------------------

参考:デイトレーダー生存率向上ブログ

おおきに kao03


テーマ - FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!

ジャンル - 株式・投資・マネー

ルール  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

3人イメージトレーニング 

Posted on 01:04:01

翠うさぎさんチームがされているイメージトレーニングです^^

どうゆうものかと言いますと・・・

トレードを、「自分」ではなく、「自分の中で作り出したイメージ(キャラ)」にトレードさせる。

翠うさぎさんチームは、株式売買をメインにされているので、私とは、ちょいとキャラの作り方が違いますが・・・

ポイントは、
・それぞれ、役割分担させる。
・イメージが固定されやすいように、キャラクターを設定する。(ブログならアイコンを利用するなど)

メリットは、
・自分の感情でいっぱいにならず、冷静さを保ったままトレード出来る。

・そうゆう状態のキープが楽。

そんな感じかな?
詳しくは、翠うさぎさんへ、ご訪問なさって下さい m(*- -*)m


ちなみに、私の作ったキャラは・・・

私  にぱ

犬飼ってますが、猫好きなので、アイコンは猫で^^

(ほんとは、ただ黙って見てるだけ役な予定でしたが、なかなか、そうはいかないようです(笑))

社長 薔薇

社長は、艶やかに、かつ、棘も持ち・・・バラで^^

(決定&行使役)

トレちゃん うさ・笑う

部下1として、トレンドを見る係り。

(さすがに、なかなか達者なご様子^^)

たまちゃん sn2

部下2として、玉操作を考えるの係り

(まだまだ、ひよっこです)


そして、やり始めると、意外と、私の中で登場するのが・・・

悪魔 絵文字名を入力してください

はー。邪魔者!(笑)


ひとりごと  |  -- trackback  | 2 comment |  edit

△page top

お気に入りサイト 

Posted on 00:14:34

ひとりごと  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

* 良いことコメント * 

Posted on 12:00:00

ふと思い返せばある「良いこと」を
   コメしてって下さい kao04

コンビニで1円玉募金してる でも良いしぃ
お天気が良いから嬉しい でも良いしぃ
イジメを見て憤慨できた自分に一票 でもOK(笑)

もちろん、FXで良いトレードが出来たも有り^^

あ。でも。
基本コメレスなしにしまーす(笑)

良いことコメント  |  -- trackback  | 67 comment |  edit

△page top

のんきなママのトレード方針(修正前) 

Posted on 11:05:05

当面のトレード方針です。
人様の知恵の寄せ集め方針ですが
有り難く、拝借させて頂き、しばらくは、これを崩さず、統計をとって、どうなるのか様子を見ようかとkao03

※記事にあるリンク先は、私が参考にさせてもらってるだけ、という事を、ご理解下さい。

他、こうした方が良いんじゃない?とか、こんなのもあるよ^^とか
何でも教えて下さいねkao01

最新の記事は、「オプションとは。」より下です。
トレード方針は、続きを読むからどうぞ。
-- 続きを読む --
ルール  |  0 trackback  |  10 comment |  edit

△page top

計画 

Posted on 13:43:21

1万通貨
5銭→500円
10銭→1000円
50銭→5000円
1円→1万円

2万通過
50銭→1万円
1円→2万円
2円→4万円
3円→6万円

3万通貨
50銭→15000円
1円→3万円
1円50銭→45000円
2円→6万円


セントラル短資・アトランティック
損切りしない

岡地
基本損切りしない
ハイレバの売買ルールを決める

テーマ - FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!

ジャンル - 株式・投資・マネー

タグ - レバレッジ  ルール  損切り  取引  ポジション 
ルール  |  0 trackback  |  1 comment |  edit

△page top

損切りルール 

Posted on 14:46:15

ある理由・根拠で注文を執行したが、
その注文をだした理由・根拠が無効となっと時に
損切りをする

タグ - 損切り  ルール 
ルール  |  0 trackback  |  2 comment |  edit

△page top

7月のルールと目標 

Posted on 03:12:49


目標
1日3000円(30銭)

新規取引の時に
リミットもしくはトレールを設定する。

あがる(さがる)と思った理由を書いておく。
その値で指値にした理由も書いておく。
結果も書く。



毎日、ワンカートン分がんばるぞと。
(o_ _)ノ彡☆ポムポム




テーマ - FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!

ジャンル - 株式・投資・マネー

ルール  |  0 trackback  |  1 comment |  edit

△page top

NZ中銀、市場介入 

Posted on 07:23:45


NZ中銀が、売り市場介入。


ショートで指値を入れておこうかな?
やっぱり今は、ちょっと上げすぎ?
昨年?のNZドル暴落時より、かなぁり上がってる。

と、ゆうか・・・
こうゆう介入の時って、通貨ペアは、どれで介入するのだろう?

NZドル・ドル?
NZドル・円?
他にもあるだろうし・・・

市場介入て、そうゆう意味とは違う??
(ー'`ー;)ムムッ

こないだも、NZは市場介入してたかな?
でも、スワップ狙いで下がらなかったんだっけな?
今回はどうかな?

とにかく、アラートだけ入れて、
1時間ほど、様子みてみましょうか・・・

焦らない焦らない・・・

テーマ - FX(外国為替証拠金取引)

ジャンル - 株式・投資・マネー

△page top

取引ルール 

Posted on 10:55:14


無理をしない




テーマ - FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!

ジャンル - 株式・投資・マネー

タグ - 取引  ポジション  ルール 
ルール  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

今日の気分 

Posted on 12:28:25


当面、取引はクロス円でと思っているのだけれど
どれもこれも円高&値動きもほぼなし
なので、様子見。

NZドルも、逆に値動きがないなら、スワップ目的での
ロングを持つのも手かな?とも思うけれど
市場介入の可能性もまだ残ってそうだし
何より、いくら金利差があるとはいえ
NZ高過ぎるんじゃないかと思う私もいるので様子見。

前回の暴落の時の誰かの台詞で
「何事にも『相場』がある」
が、引っかかる。

バブルのように、価値以上の相場になっても
いつかは相当価格に戻る。

みたいな意味だったような・・・



今日のアメリカの指標発表は皆注目してるそうな。
とはいえ、少々指標が悪くても、
トレードが変わらないようにも思うので、
ドル円ロングは、このままキープしとこう。

押し目買いを少し頭の片隅に置いておこうかな。



とりあえずアトランティックと岡地の口座開設を
気長く待つとしよう。



テーマ - FX(外国為替証拠金取引)

ジャンル - 株式・投資・マネー

△page top

指標発表 

Posted on 11:15:35

短めのスパンで持つ予定のポジションは
指標発表の前に、ストップ(トレール)の指値を
入れておくようにする。

長期予定のポジションでも、情勢その他を見て、
その時の、レバレッジ・ポジ位置などトータルして判断する。


テーマ - FX(外国為替証拠金取引)

ジャンル - 株式・投資・マネー

タグ - 指標  ルール 
ルール  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

FX業者 

Posted on 10:37:32

定期的に、新サービス・新設定になるか調べる。



今使ってる業者

セントラル短資

メリット:スワップが良い
     電話問い合わせの対応が優しかった

デメリット?:手数料の基本ベースが高い
       トレール注文がない


今申し込み中の業者

岡地
  トレール注文とWIFO注文目的
  でも、スプレッドがバレンタインより高い


アトランティック
  トルコリラを扱っている


バレンタイン(みんなのFX)
  トレール注文とスリッページ設定がある
  スプレッドが低い
  ハイレバ設定がある
  でも、システムが不安定?

テーマ - FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!

ジャンル - 株式・投資・マネー

タグ - 業者  ルール 
ルール  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

今日の気分 

Posted on 17:45:53


なんとなく、ネットをほけっとながめていると
ドル/円が124円に乗った。

値動きを少しの間眺めていたけれど、
123円台に戻らなさそうだったのと
来週も124円をキープするんじゃないか?と思ったのと
スワップもらえるし・・・などなどで
ひまわり証券のトレードポイントを見て
IFDで124.10ロング
リミットは、124.40で入れてみた。

まだ124円前半ウロウロだけれど
一時指値は約定されてしまったので
決済注文が約定されるまで
我慢我慢・・・(; ̄ー ̄川 アセアセ

124円台は高いと思うから
このポジションは123.90より下げるようなら
損切りをしようかな・・・

空気や流れを読んで・・・みたいなのが多いから
チャートとか数値とかで、
ある程度の根拠をシッカリもってトレードできるように
コツコツ頑張ろう。

NZドルも、まだ上がりそうだけれど
介入もありそうなので
逆に介入があるまで我慢我慢・・・

南アフリカランドは、ぜんぜん動いてないようなので
これもまた動くまで我慢我慢・・・

最初からリミット入れるよりは
早く口座開設してもらって
トレール注文で、戻り待ちがノンビリできるように
なりたいなぁ

テーマ - 投資日記

ジャンル - 株式・投資・マネー

△page top

ポジション 

Posted on 17:48:20



プラススワップのポジションを持つようにする。


マイナススワップやショートは、
「絶対」「確実」な時を守る。
暴落時などじゃないかぎりは、デイ主体にする。




テーマ - FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!

ジャンル - 株式・投資・マネー

ルール  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

レバレッジ 

Posted on 13:48:53

レバレッジ=(実際に買った通貨の金額)÷(口座にある金額)

レバレッジ=(現在のレート×取引通貨単位)÷(口座にある金額)

レバレッジ=(外貨投資額×為替レート)÷(資金)



預け入れ金額=(現在のレート×取引通貨単位)÷設定したいレバレッジ



例 ドル円 120円として
レバレッジ 証拠金預け入れ金額 

1倍 1.200.000円
2倍 600.000円
3倍 360.000円
4倍 300.000円
5倍 240.000円
10倍 120.000円
15倍 80.000円
20倍 60.000円
50倍 24.000円
100倍 12.000円
200倍 6.000円


10万円、口座に入金しておいたとして、
ドル円を1万通貨ポジション持ったとすれば
レバレッジ約15倍


レバレッジ200倍の業者で、
10万、口座に入金しておいたとして
フルレバレッジで取り引きしたとしたら
16万通貨取り引き出来るが
1円動く→16万円
50銭動く→8万円
60銭動くと、ほぼ10万円動く=全額損失もありえる。


テーマ - 本当の初心者の為のFX”外国為替証拠金取引”入門

ジャンル - 株式・投資・マネー

タグ - レバレッジ  ルール 
ルール  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

ポジション 

Posted on 13:50:54

今のポジション数(取引通貨単位)で
どの程度(何円・何銭)の為替レートの変動で、
口座にあずけている金額が、何円マイナスになるか
を、都度、計算する。

過去の最高下落幅は、どれぐらいか。

耐えれる為替変動は、どれぐらいか。

耐えれる為替変動が少ない時(=ハイレバレッジの時)は
損切りを考慮する。



テーマ - 本当の初心者の為のFX”外国為替証拠金取引”入門

ジャンル - 株式・投資・マネー

タグ - ポジション  ルール 
ルール  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

岡地㈱ 

Posted on 15:23:26

知らない番号から電話が鳴った。

間に合わなかったようで、取るなり切れた。

今時、(;¬д¬) アヤシイ電話が多いから
非通知でかけ直した。

早口で
「岡地・・・・です」

「そちらからお電話頂いたようなんですけれども?」

このやり取りを2~3度繰り返した後

片言の日本語で
「あぁ誰か?わかり?・・・よね?」

(誰がかけたかわかるかって事??)
「電話の履歴から掛け直してるんですけれども?」

「あぁこちらは、岡地㈱の海外事業部です。
 誰か?わから?よね?」

「はい・・・」

「折り返しで良いですか?」

「はい・・・」

切った。



非通知でかけているのに、
名前も電話番号も聞かないままで
どうするんだろ??
と、思いながら・・・


やっぱり音沙汰なし。


ただ今、口座開設中だけれども、
ダイジョウブなのかな?
岡地・・・
(-ω-;)ウーン

テーマ - FX(外国為替証拠金取引)

ジャンル - 株式・投資・マネー

△page top

昨日 

Posted on 14:18:09


ポジションを一つ利益確定。

相場に合わせようとしすぎて優柔不断になってしまう。

もう一つあるドル円ロングは、損切りしない口座なので
リミットにあたるまで、そのまま持っておくとする。

△page top

(-ω-;)ウーン 

Posted on 17:27:37


なかなか、細々、指標のチェックだとか
レート、テクニカルのチェックが出来ない・・・

でも、もう少し、短いスパンで取引したい・・・

みんなどうしてるんだろう・・・
(・ω・。)キョロキョロ(。・ω・)



テーマ - FXデイトレード

ジャンル - 株式・投資・マネー

△page top

口座開設 

Posted on 17:39:58



業者によって、口座開設の仕方や流れが
ぜんぜん違う (-_-;)(;-_-) チガウチガウ

きっちり細かく読んで、手続きしていかなくちゃ・・・


テーマ - 本当の初心者の為のFX”外国為替証拠金取引”入門

ジャンル - 株式・投資・マネー

△page top

便利なツールバー 

Posted on 17:47:23


FX Online の IE用のツールバー

値動きがリアルで見えて便利。


テーマ - 本当の初心者の為のFX”外国為替証拠金取引”入門

ジャンル - 株式・投資・マネー

参考  |  0 trackback  |  2 comment |  edit

△page top

最近のコメント

テーマ

Thank's !

Thank's !!

カテゴリ

検索フォーム

カレンダー

トレード記念

RSSリンク

MT4参考書

Ranking & Affiliate

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。