アクセスランキング

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 07

* ワンダーランドなFXと園芸 *

こだわることなく、まったりとやってゆきます。

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

リアリティその3?と樹形図と戦略とリスク管理と・・・ 

Posted on 11:24:28

んーと。なんせ。物事を考える考え方・・・変な言い方ですが^^;
脳みその使い方というのかな・・・
物事の選び方というのかな・・・

なんせ、私は、下の3種類の方式のうち、その時に見合って一つ選んで考える。

1.優先順位選択法
2.削除法
3.樹形図法

命名は適当です(笑)

1は、そのまま。
複数ある選択肢の中で、優先順位をつけていくやり方。
何を重要視するか?
何が必要であるか?
何を先に済ませてしまった方が良いか?
etc
その順序に従って、優先的に物事を進めていくやり方。

2も、そのまま(笑)
複数ある選択肢の中で、不要であったり可能性が低いものから捨てていき、最後に残ったものを選ぶ。というやり方。

3が、こちらは勝手にご紹介^^;
(こうゆう名前があったのねと(笑))
仲原圭介の資産運用塾さんの記事

ようは、トーナメントリーグ表のような考え方というか脳みその使い方をして、一つの基点から、枝分かれさせて、思考や選択肢を広げていくようなやり方。

検索してみたら出てきたイメージ図


まぁ大抵の人は意識しなくても、この3通りの中から1つパターンを選択するか、もしくは、3通りを往復させて何かを選んで進んでいく。(はず(笑))

FXでなら、比較的、戦略に値する部分で、3の樹形図方式を私はよく使う・・・いや。どれも使ってるかな?(笑)

1.可能性をいくつか並べて・・・
2.優劣を考える(1優先法か2削除法)
3.可能性の高いものから、樹形図法で、もしも?で枝分かれさせて妄想(笑)
4.その枝分かれさせて広がった選択肢の妄想の中で、優劣を考える
5.強く残るもや、重複するようなものを、ひとまず選ぶ(メイン戦略)
6.第二以降に残るものを、予備戦略とする
7.あまりにも選択肢が多すぎる時とか決めきれなかったら様子見

な感じが多いかも?


チャートを見慣れてきたり、myポイントが見えてくるようになったら、次は、じゃぁいざどうするか?を決めていかなくちゃーならないので・・・

上手く書けないけれど、こんな感じの脳みそトレーニングを、もし良ければ、どうぞ(笑)


リアルな友達とかでも、この上記の3つの脳みその使い方を、上手に選択できないとか、上手に使いこなせない人は、俗に言う、優柔不断であったり、悩む人、迷う人、基準なくコロコロ変わる人、依存する人・・・etcなイメージ^^;;;



ちなみに、私は、私の頭の中の、この樹形図をブログとかに全部書こうとしてしまうから、うまくまとめて書けない (*≧m≦*)プッ


ふむ。最初は、昨日の逆転の発想 あーんど 損切り幅から枚数決定する方法もあったよね。と思い出し、

いかんせん不得意分野なので、ブログにでも書きながら脳みそ整理しましょうかと思っていたんだけれど・・・

ちょうど、あぁ!この物事の考え方の事を「樹形図」と呼ぶのか!と、スッキリしたので、そっちを書いていましたら、長くなってきた(笑)


ま。しょうがないから、どこかにブツクサ落書きでもしよっと(笑)

ひとりごと  |  -- trackback  | 2 comment |  edit

△page top

No title

i-235i-234

チュッピー | URL | #-

2010/07/31 12:45 * edit *

Re: No title

>>チョッピーさん

忘れた記事に、コメありがとうございます^^

この記事書いてた頃も、一生懸命でした(笑)
一生懸命、良いですね^-^


のんきなママ | URL | #-

2010/08/03 03:55 * edit *

△page top

Secret

△page top

最近のコメント

テーマ

Thank's !

Thank's !!

カテゴリ

検索フォーム

カレンダー

トレード記念

RSSリンク

MT4参考書

Ranking & Affiliate

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。