アクセスランキング

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 11

* ワンダーランドなFXと園芸 *

こだわることなく、まったりとやってゆきます。

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

しきんかんり 

Posted on 15:48:36

前の記事で、もともとは、ポジション配分を考えてみましょうと思っていたんだけれど、脱線したので・・・(-m-)ぷっ


で。私のトレードスタイルだと、配分を変えた方が良いタイプではあるのだけれども。

さて。何を基準にしましょうかね?と^^;

なんせ。今の状態だと、上手く説明できないんだけれど、なんとなく危うい・・・



配分の強弱の基準を、チャートの形とか値の位置関係にするってのも大事ではあるんだけれども・・・

自分を見失ってる時には、その「チャートを見る目」てのが、非常に危うい事になる(笑)

私の場合、非常に裁量トレードだし、感情も環境も制御しきれないタイプなので、資金配分vsチャートの基準の順位としては、チャートは2番目に置くのが良いタイプ。

2番目というか・・・下支え というか・・・


まぁでも、この発想事態は、大きくは間違ってないはず。

現実的に、単なる博打でも、チャートなんてないけれど、すっごく割合は低いけれど、勝つ人は勝ってるわけで。

算数嫌い意識で、文字で読んでもピンとこないので、会話したらマシかもしれないと、博打に強い人にコツを聞いても、ネットに書いてある台詞と同じ事を教えてくれるだけ(笑)

(多分、こと細かくなんて、説明しにくいんだろうな(笑))


で。どこから手をつけましょうか?と思案していると。
なんとなく、ブラックジャックを思い出して、こつこつ検索なう(笑)

でも、いろいろ出てくるので、...ψ(。。)メモメモ...
整理は後から^^;;;

(当然(?)リンクはいつもの勝手にご紹介^^;;)

--------------------------------------------------

ブラックジャックのルール

ブラックジャック確率論

ラリーウィリアムズ資金管理法

以下引用:

1956年に書かれた
"A New Interpretation of Information Rats"
という情報関連の論文にあったケリーの公式でした。

これにヒントを得て、ラリー・ウィリアムズは、
トレードされるべきユニット数(枚)を
破綻しない範囲で利益を最大化する
資金管理の最適化の数式を考案したのでした。

ユニット数: F、勝率: P、損益比: R、とすると

F(%)={(R+1)×P-1}÷R

勝率65%(計算では0.65)、損益比が1.3ならば、
計算しますと、38%となって、

口座に100万円あるとすると、ユニット数(枚)は、38万円分で、
枚単位の保証金が2万円とすると、19枚となります。


ブラックジャックとトレード

以下引用;
トランプカードを3つのグループに分けて、

「2から6まではマイナス1と数える」
「7から9まではゼロとして無視する」
「10と絵札とエースはプラス1と数える」

などとする方法で、
(詳細はお話が横道にそれてしまいますので割愛しますが)
トランプの52枚の出目のカウンティング法で
ディーラーをやっつけようとするものであったそうです。

* 確率でプレー考える
* コツコツ単打を狙う
* 悪いときは降りる
* トータルで勝つ

「勝算があるときは大きな賭けに出るべきだ。
 ある特定の株が本当に気に入ったのか?
 それならポートフォリオの10%をそれに注ぎ込め。」

ラルフ・ビンス教授の実験

以下引用:
ケリーモデル 2P(勝率)-1=X(利益を最大化する比率)


〔並立選択肢〕

1.固定ロットから、引く発想

上記、最低ロットを固定とし、勝算の見込みでロット増す発想


2.勝率から利益を最大化する比率を出し、固定ロットvs資金で考える発想

3.リスクリワードレシオvs勝率

4.チャート:上記カウンティング方式:期待値

5.ストップ幅から調整する発想(ロブ・ブロッカー)

6.破産確立



ケリー基準の計算の仕方


ケリー基準

----------------------------------------------

さて。そろそろ脳みそ沸いてきた(笑)

ケリー基準にしろ何にしろ、昔も軽く調べたり読んだりしたんだけどなー (6 ̄  ̄)ポリポリ

やっぱりイマイチわかんねーぞと(笑)

ケリー基準てのと、破産確立ってのは、同じ事なのか???
違うな・・・ぜんぜん違いそうだな (6 ̄  ̄)ポリポリ

2Pてのは、(2×勝率)のこと??
なら、もし、勝率60&なら、(2×60)-1??
んなわけなさそうね・・・

┐( -"-)┌ヤレヤレ...


うちの高校生息子3バカトリオに聞いたらわかるかなー (-ω-;)ウーン
3バカトリオのうちの一人は数学に超強い&大好きっ子のようなんだけれど・・・

こんな日に限って、遊びに来てない (ー'`ー;)ムムッ
わかるんなら、呼びつけるんだけどな (*`▽´*)ウヒョヒョ



とりあえず。わたしゃー今までにも、ちょくちょく調べたり読んだりはしていたものの。

私の頭の中で、樹形図が成立していなかったんだな。と今日気付いた(笑)

どうりで、いまいち苦手なはずだわ (⌒▽⌒)アハハ!

ま。理解できる範囲で気の済むように組み立てて決めていくとしよ。

一回、きゅーけー。

ひとりごと  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

最近のコメント

テーマ

Thank's !

Thank's !!

カテゴリ

検索フォーム

カレンダー

トレード記念

RSSリンク

MT4参考書

Ranking & Affiliate

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。