アクセスランキング

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 07

* ワンダーランドなFXと園芸 *

こだわることなく、まったりとやってゆきます。

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

本能>潜在意識>理性 の法則 

Posted on 10:00:00

では。少し理屈っぽくいきましょうか(笑)


人間は生きていくために
本能>潜在意識>理性

この順番で、優先して生きていますし、そうじゃなければ、生きていけないのです^^;


時々、この優先順位が狂ってしまった人が、拒食症だとか、睡眠障害だとか・・・
そこまでじゃなくても、いわゆる「病気」という形で信号が出ます。

(食欲(本能)より理性が勝った状態が、拒食症ですね^^;
 ま。理性が勝ったというよりは、潜在意識が強すぎる状態の方が近いかな・・・)


ま。FXブログなので、そこまでのは、ちと置いとくとして。


本能と理性となら、「本能>理性」なのは、すぐ納得いくと思うんだけど・・・

「潜在意識>理性」なのは、なぜかと言うと・・・

「今、それでも生きているから」です。


過去から、どんな考え方や、どんな行動が、習慣として身についていたとしても、今、自分はは生きているし、生きてこれている。

経験と呼ぶ過去の出来事も同じく。
良い思い出であっても、嫌な体験であっても、それでも今生きている。



生存本能というのが動物の中で一番強い事は、ご存知ですよね?

今まで何にせよ生きてこれているから、生存本能が、「少なくても今までと同じにしていれば生きていける」と囁くんです。

なので、人は、今までとの変化を拒むんです。



「理性」が新しい何かをしたい!と考えたとします。

でも、本能からすると、生死にかかわる事かもしれない!と防衛本能が働きます。

だって、本能は、自発的に何かを考えるわけじゃなく、DNAや経験・記憶などに組み込まれている事を拾い集めて動いてるだけのようなものだから。

本能からすると、理性は、何をしでかすやらわからない、やんちゃ坊主のようなもの。

その、やんちゃ坊主が、どうしても言う事を聞いてしまうぐらい怖い兄貴が潜在意識。

と思えば良い(笑)


「本能」という生死にかかわるゾーンが、理性というやんちゃ坊主を抑制する為に、潜在意識という「それでも生きてきた事実」というストッパーをかけているわけです。


人間は、動物だから、生死にかかわる事が最優先。

だから、理性(頭で考えている事)より、潜在意識(生きてこれた習慣)の方が、優先されるんです。



「わかっているのに出来ない」とか「ついまた同じことをやってしまう」とかは、このストッパーが働いて、今までと同じようにしようとしている(変化を嫌っている)せいだと思っていて良い



なら、潜在意識に一旦定着してしまったら、どうしようもないのか?と言えば、そんな事はありません。

人によっては、ちーと時間がかかる場合もあったりするし、「コツ」は知っておいた方が良いですが、繰り返しの中で身に付くものなんだから、繰り返しの中で塗り替えれます。

それに「衝撃的な体験が鮮明に記憶に残って・・・」とか聞いた事あると思いますが、これに似た感覚を持つ事で、潜在意識が変わる事もあります。


例えば、「記憶はすり変えれる」とか聞いた事ないですか?
これは、本当^^

これをカウンセラーや心理療法士などは、トラウマになっている過去の事実に対して行う補助をしたりもするんですが・・・

直接トレードに利用するのにわかりやすいのは「損切り」や「負けてきた事実」に対してかな・・・


現実的に「過去に起こった事実」というのは、変更するわけにはいきません^^;

(科学者がタイムマシーンを開発できたら別ですが(笑))

正しくは「過去に起こった事実に対する記憶(思い出)を、その認知の仕方を変える事で、今後の認識を変えていく」んです。


超簡単に書くと・・・

「損切りになった」→「バカだ」では、「損切り」という行為はバカでイヤな事のまま。

「バカでイヤな経験をした記憶」として残ります。

後述しますが、人は嫌な事は避ける本能があるので、「わかっているのに損切り出来ない」などの、理性と行動の不一致が発生したりします。


これを・・・

「損切りになった」→「このパターンなら損切りになるんだとわかった。1つ賢くなった」と認識するようにします。

すると、経験と記憶は、同じ損切りに対してでも、大きく変わります。

そして、その繰り返しの中で「損切り=賢くなった(賢くなる)」と、潜在意識に刷り込まれるので、損切りへの抵抗が薄れていく。

それが潜在意識に定着すればするほど、「潜在意識>理性」の法則を利用して、頭で考えて一生懸命するんじゃなくても、自然と行動出来るようになっていく。

そうゆう風に利用していきます。


それとか「なーんや。損切りになったからって、アホやバカやと思わんでええんや」と気付いた瞬間。とかが、ようは、変化の時(潜在意識が変わった時)ですね^^


ただ、「損切りになった」→「バカだ」と思う発想というのは、自分にとっては自然の発想だし、自然に沸いてくるものなんですよね。

だから当たり前だと思いすぎて、気付きにくいから、思った事をそのまま書いた方が良い


心理  |  -- trackback  | 1 comment |  edit

△page top

本日のポイント(笑)

頭で考えていることと、咄嗟にしてしまう行動との不一致の原因。
無意識にイヤだと思ったり拒否する原因。

原因=本能や人間の性質と言ってしまうとそれまでだけど(笑)
     潜在意識にある事と理性のギャップや習慣


その不一致(ギャップ)から、無意識の中で拒否してしまうのを変えていく例。

その例の「損切りになったパターンがわかって良かった」と思うには、トレードの後(損切りという経験の後)、検証(振り返る)というのを少ししてみて、「自分の中で思う損切りになった理由」というのを書いてみておく。

この時、損切りになった正しい理由とかは気にしなくて良い。
「なんとなくエントリーしてしまったから」とかでもOK。

次に「なんとなくエントリーしてしまった時のチャートと日時」とかも残していれば、何回分かの検証記録の中で、多分、共通する何かがあるはず^^

すると、なんとなく入ってしまうチャートパターンがあったり、時間帯があったり見つかっていく=そうゆう時には様子見するようにしていく
とかで、損を減らしていく事も可能^^

のんきなママ | URL | #tHX44QXM

2010/05/14 16:35 * edit *

△page top

Secret

△page top

最近のコメント

テーマ

Thank's !

Thank's !!

カテゴリ

検索フォーム

カレンダー

トレード記念

RSSリンク

MT4参考書

Ranking & Affiliate

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。