アクセスランキング

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 09

* ワンダーランドなFXと園芸 *

こだわることなく、まったりとやってゆきます。

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

オプションとは。 

Posted on 16:33:45

これは、単なるメモです羆

とっても混乱&同じところでグルグルするので、書いていけばましになるかと・・・

なので、どんどん変化していきます(笑)

訂正・追記、大歓迎です


根気の良い方は、続きをどうぞ(笑)

-----------------

普通のFX用

○ボラティティ(=相場の変動率(幅))

ボラリティが低い→市場参加者は、あまり相場は動かないとみている
ボラリティがジリジリ上昇してくる→相場が大きく動くかも?

A社の株価500円とすると、ボラティリティを20%とすると、この株価は向こう1年間、400円から600円の範囲内で変動する可能性を意味する。


○リスクリバーサル

・市場参加者が、この先、どれだけ円高へ行くとみているか

RRが低くなる=円高への備えが減っている→円安へ向かうかも?


----------------


★オプション

・権利の売買
・「保険」としての商品

・コール=買う権利 (買う人・売る人)
・プット=売る権利 (買う人・売る人)


原資産を、あらかじめ決められた価格で
決められた数量を
あらかじめ決められた期日までに
買う または 売る 権利
の売買


原資産を、権利行使価格で
自分が決めた数量を
権利行使期日までに
プレミアムを支払って買う または プレミアムを支払ってもらって売る ことができる権利
の売買。




★オプションの値段=プレミアム

・買う人は、売る人に、プレミアムを支払う
・売る人は、買う人から、プレミアムをもらう。

○利益が出やすいほどオプションは高い
○期間が長いほどオプションは高い
○ボラリティが高いほどオプションは高い

※ 売りや買いに有利な状況を見つける
※ ボラリティの不均衡を利用するという考え方が基本

プレミアムは、価値・時間・ボラリティなどで、変化する。

★カバードオプション  ネイキッドオプション

原資産を持っている状態で、取り引きするとき、カバードオプション

原資産を持たずに、取り引きするとき、ネイキッド・オプション(裸のオプション)


★売買される各権利(買う権利・売る権利)の対象となるもの=原資産

★原資産は価格が決まってて、その値段で、買える(売れる)権利を売買する=権利行使価格=ストライク

★権利を行使できる期日が決まってる=権利行使期日



★オプションの損得

○FX相場が、動くか・動かないか
○動くスピードが速いか・遅いか
○いつごろ動くのか

・プレミアム代(買う人はプレミアムを最初に支払う。売る人はプレミアムを最初にもらう)
・原資産(FXのリアルレート)が変動し、権利行使の時の代金。
・プレミアム代が変動しての差損益。

「コール買い」の人たちは、買う権利を買ったわけで、権利行使価格より、円安(ドル高)を希望。

「コール売り」の人たちは、買う権利を売ったわけで、権利行使価格より、円高(ドル安)を希望。

「プット買い」の人たちは、売る権利を買ったわけで、権利行使価格より、円高(ドル安)を希望。

「プット売り」の人たちは、売る権利を売ったわけで、権利行使価格より、円安(ドル高)を希望。



★買う人は。

オプション料金(プレミアム)を、売り手さんに支払う。

その代わり、権利行使期日までなら、いつでも、権利を行使できる。
(本当に原資産を買うので、その料金(原資産の値段×数量)が別途必要となる)

けれど、権利行使期日を過ぎたら、権利は消滅する。

ので、得するためには、権利行使期日までに、権利を行使するか、か、権利行使期日までに、権利を売り手に買い取ってもらうか、転売する(この時は、売り手になるので、プレミアムをもらう。はず。)のを、上手にできたら、得をする。はず。

特にアウト・オブ・ザ・マネーのオプションの買い手が、利益を得るためには、短期間に相場が予想した方向に大きく変動する必要がある


★売る人は。

オプション料金(プレミアム)を、買い手さんからもらう。

その代わり、買い手が権利行使したら、応じなければならない。

その場合、権利行使価格で買い取らないといけないから、原資産の時価が、権利行使価格より高くなると損。

レンジ相場に強い

大きなイベントの間近や、トレンドが起こる間近(トレンド中)は、不利になりやすい。

インプライドボラリティが、低い水準にある時も、プレミアムが高くなっていく可能性が高いので、不利になりやすい。

一般に、満期までの期日が15~30日ほどのオプションを売ることで、タイム・ケイディの恩恵を最大限に受けることができる

権利行使を受ける義務があるため、損失が大きいので、十分な余裕を持てる資金と、損切りや、ポジション調整などが、必須になる。

時間価値しか無いアウト・オブ・ザ・マネーのオプションを売り、タイム・ケイディを利用して利益を得るのが基本


★コール(買う権利)を買った人は。

・原資産を、権利行使価格で、買える権利を、買った。

・プレミアムを支払わなければならない。

・期日に、権利行使することができる

・権利行使価格よりも、実際の値段(原資産の価値)が、高くなったら得。(=実際は高いのに、それより安い値段で買えるから。)

・権利行使価格よりも、原資産の時価が、安くなっても、価値はマイナスにならず、「0」とされるので、最初に支払ったプレミアムの分の損。(プレミアム代の分だけ、原資産が上昇したら、チャラ)

・オプション自体の価値が上昇(プレミアムが上昇)したら、オプションを転売することができる。

・原資産の価値が上がらない か、下がってしまうと、権利放棄することもできる。

・「損失限定・利益無限大」


★コールを売った人は。

・原資産を、権利行使価格で、売らなければならない(かもしれない)権利を、売る。

・プレミアムを先に受け取ることができる。

・もし、原資産の時価が、権利行使価格より、高くなったら、損をする(=実際の値段より、安く売らなければならないから。また最初にもらったプレミアム代分までなら、高くなってもチャラ)

・権利行使価格よりも、実際の値段(原資産の価値)が、低くなったら得(=実際の値段より、高く売れるから)

・期日に権利行使に応じる義務を負っているので、期日に原資産が上昇してしまっていると困るので、売ったオプションを買い戻すこともできる→原資産が上昇(=プレミアムも上昇)していて、売った時よりも高くなっている分、損失があるのだけれど、損切りと同様、損の拡大を抑えれる。

・もしも、原資産の価格が上がらなかったら、売ったオプションの価値が0になったので、権利行使されることもなくなり、最初に受け取ったプレミアム代の分、得をする。

・「利益限定、損失無限大」

・ただし、売った人は、最初にもらったプレミアム代金分以上に、原資産の価値(プレミアム)が上がらなければ、得をするため、もし相場が、保ち合い中などで、動きがなくても得をする。


※ オプションの買い手は、あまり権利行使されることもないまま期日を迎えるのが多いし、最初にプレミアムを支払う分、ほとんどの場合に損をするけれど、まれに高い利益を得れることがある。

※ 逆に、オプションの売り手は、利益を得られる可能性がとても高いけれど、思わぬ相場の大変動で、大損する可能せうもある。


★プットオプションを買った人は。

・期日に、決めた数量分、権利行使価格で、売ることができる権利を、プレミアムを支払って、買った。

・義務と権利は、コールと同様

・期日に、権利行使価格より、原資産の時価が、安くなっていたら得(時価より、高い値段で売ることができるから)


★プットオプションを売った人は。

・原資産の時価が、どんどん下がってしまうと、時価より、高い値段で買い取らないといけないから、その差額分、どんどん損が膨らむ。

・買い手は、自分が原資産を持っていたとしたら、プットオプションを買うことは、リスクヘッジになり、逆に、売り手は、保険を売っているような感じ。



★損益のまとめ

原資産、ドル円100円として。

コール買い(100円で買えるう権利を買う)ので、原資産の時価が上がる(105円)と、権利行使すれば、時価より安く買えるので、得。時価が下がれば、価値が0になるし、相場に変動がなければ、先にプレミアムを支払っているので、その分以上に上がらないと得はない。

コール売り(100円で売らなければならない義務がある)ので、原資産の時価が上がる(105円)になると、時下より安く売らないといけない分、損をする。時価が下がれば、権利行使されることもなくなるし、相場に変動がなければ、先にプレミアムをもらっているので、その分得する。

プット買い(100円で売れる権利を買う)ので、原資産の時価が下がる(95円)と、権利行使すれば、時下より高い金額で売ることができるので、得。時価が上がれば、時下より安い金額で売ることになるので、価値がなくなり、相場に変動もなければ、先にプレミアムを支払っている分、損。

プット売り(100円で買い取らないといけない義務がある)ので、原資産の時価が下がる(95円)と、時下より高く買い取らないといけないので、損をする。時価が上がれば、権利行使されることもなく、相場に変動がなければ、先にプレミアムをもらっているので、その分得。




★イン・ザ・マネー

コールオプションを買うとして、(ドル円)時価100円として、権利行使価格95円だったとすると、すでに、権利行使すれば利益を上げれる状態。=本質的価値がある=プレミアム高い

デルタ50以上

★アット・ザ・マネー

コールオプションを買うとして、(ドル円)時価100円として、権利行使価格も100円だったとすると、本質的価値を持っていない。

デルタ50

★アウト・オブ・ザ・マネー


コールオプションを買うとして、(ドル円)時価100円として、権利行使価格は、105円だったとすると、権利行使するより時価で買った方が得なので、実質的価値がない=本質的価値を持っていない。=プレミアム中

プットオプションを買うとして、(ドル円)時価100円として、権利行使価格は、95円だったとすると、権利行使するより時価で売った方が得なので、実質価値がない。

デルタ50未満


※ アット・ザ・マネー と、アウト・オブ・ザ・マネーには、将来、原資産の価値が変動して、オプションに価値が生まれるかもしれないという期待感(時間的価値)しかない。=プレミアム低

※ プレミアム=本質的価値+時間価値
  時間価値=プレミアムー本質的価値
  
※ オプションの本質的価値は、原資産と権利行使価格の差によって決まる




★タイム・ディケイ(Time Decay)

・時間価値は、オプションの満期が近付くにつれて減少し、最終的には0になる。(最初はゆっくり減少し、満期直前になると、急激に減少する)

・期日に、イン・ザ・マネーになっていないオプションは、価値が0円になる

例:アウト・オブ・ザ・マネーのオプションを買っていても、相場が思うように動かない時は、本質的価値がもともとないため、時間価値まで0になる前に転売するのも、リスク管理の一つ。

・逆に、オプションを売った場合は、期日が近付けば近付くほど、オプションの価値(プレミアム)がどんどん下がっていくので、利益を確保しやすい。

・タイム・ケイディのスピードは、オプションの種類によっても、多少、異なる。
(一般に、満期までの期間が15~30日ほどのオプションを売ることで、タイム・ケイディの恩恵を最大に受けることができる)


★権利行使の方式

○アメリカンタイプ

オプションの満期までであれば、いつでも権利が行使できる
その代わり、プレミアムが割高になる

○ヨーロピアンタイプ

満期日にのみ権利行使できる

※ FXオプションは、この、ヨーロピアンタイプのみ。


★権利行使時、原資産の時価もしくは権利行使価格×数量の資金が必要



★プットオプションを売る(買い取らないといけない義務)

・もし、権利行使価格より、原資産の時価が下がらなかったら、プットオプションの買い手は権利放棄するので、最初に受け取っているプレミアム分得をする。

・もし、権利行使価格より、原資産の時価が、ちゃんと下がったとしたら、プットオプションの買い手は、権利を行使するので、権利行使価格×数量分、買い取らなければならない=もし、最初から、その価格まで値下がりしたら買う予定だったとするなら、最初にもらってるプレミアム代の分得。


★コールオプションを売る(売らなければならない義務)

・原資産の下落時に、アウト・オブ・ザ・マネーのコールを売れば、もともとオプションの価値は0なので(権利行使されることはなく)、最初にもらうプレミアム代の分、得をする。(株などで、もともと原資産を持っている時には、特に有効=カバード・オプション)



★ボラティリティ

価格の変動率(幅)が大きいほど、ボラリティが高い→買い手からすると、利益が上がる可能性がある→プレミアムも高い

買い手が多い権利行使価格のオプションは値段が上がるし、売り手が多い権利行使価格のオプションは、値段が下がる。

コールとプットのボラティリティは異なる
同銘柄(市場)の同じアット・ザ・マネーあるいはアットから同じ距離(価格)だけ離れたアウト・オブ・ザ・マネーのコールとプットのボラティリティはしばしば大きく異なっている。つまり、コールがプットに対して割高か割安の状態にある場合が多く見られるということ。
→特に、Nikkei225 やS&P500 のような株価指数ではしばしばプットがコールに対して割高である場合が観察されます。これは、機関投資家がリスクヘッジの目的でプットを大量に購入しているためといわれています。

ボラティリティが上昇する時は時々急上昇するが、低下時は緩やか
通常、オプションのボラティリティは緩やかに上下するが、特に、低下時においては緩やかな低下傾向を示し次第に横ばい状態になる傾向がある。一方、ボラティリティの上昇時においては時々急激に上昇する場合がある。まれなケースですが、ボラティリティが一夜にして数倍にも上昇したケースとしては、1987年の米国株式市場の暴落時のS&P500、1990年の湾岸戦争時の原油市場や金市場など。

相場の変動同様にザラ場のボラティリティもしばしば大きく変動する
基本的に、ボラティリティは毎日のオプション価格の終値を基に算出されますが、当然ながら日中において、相場(原資産市場価格)の変動に伴い、オプション価格も変動するのでボラティリティは日中大きく変動する場合がある。このために、ボラティリティは日中、本来あるべき数字から大きく乖離する場合が認められる。(日中間でオプションを売買する投資家にはしばしば利益を得るよいチャンスが巡ってくる。)

★ヒストリカル・ボラリティ

過去の継続的な価格変動を平均化することによって算出される。(変動率(幅))

★インプライド・ボラリティ(こちらが重要)

・オプションの最新の価格を元に算出される(=プレミアムによって変動・ボラリティの実測値)

・そのオプションが割高か、割安かを知ることができる

★ボラリティにもトレンドがある

・オプションによって、おらりティの変動幅は大体決まってる(周期的な上下変動)

・原資産価格が大きく変動した時は、その変動幅を抜けて、ボラリティが上昇することもある

・ボラリティが相対的に低い位置にある時、そのご原資産の価格が大きな動きをみせる可能性が高い

★ボラリティの変化での有利・不利

オプションのインプライドボラリティが高い水準にある→プレミアムは高い→ボラリティは今後下降する可能性が高い(プレミアムが安くなる可能性が高い)→オプションの売り手には有利・買い手には不利。

オプションのインプライドボラリティが低い水準にある→プレミアムや安い→ボラリティは今後上昇する可能性が高い(プレミアムが高くなる可能性が高い)→オプションの買い手にとって有利・売り手にとって不利。


★ボラリティが高い・低い

過去のボラリティ推移と比較して言う


★スプレッド

・オプションの買いや売りを組み合わせた戦略のこと

・ボラリティの不均衡を利用して売買を行う

例:原資産価格が大きく動いた後など、アット・ザ・マネー付近のオプションに比べて、アウト・オブ・ザ・マネーのボラリティが極端に高くなることがあり、アット・ザ・マネー付近のオプションを買い、アウト・オブ・ザ・マネーのオプションを売る。など。


★ストラドルの買い

・ある原資産に対して、ややアウト・オブ・ザ・マネーのコールとプットと両方買うやり方

・どちらに動くかわからないけれど、原資産価格が、これから大きく変動する可能性が高い時に有効。

・値動きがなければ、買い手になるのは、損するだけだから、特定のイベントを狙い撃ちして、うまくいけば、利益がある

・原資産とオプションを買うのの差は、レバレッジに差があるので、うまくいけば、オプションの方が得だし、万一、値上がりしなくても、オプションの買い手の損失は、プレミアムに限定されている。


★ショート・ストラングル(ニュートラル・オプション・ポジション・スプレッド)

・コールとプットを同時に売る。

・変動が急激でないかぎり、相場がどちらに動いても関係ない。

・売り手は、タイム・ディケイの恩恵もあるので、プレミアムが減少していく分、有利。

・市場が予想を超える大きな変動をした場合には、一方のオプション・プレミアムが急騰して大きな損失になり、そうゆう時には、もう一方のオプション・プレミアムやタイム・ケイディでは、カバーできない。


★クレジット・スプレッド

ある権利行使価格のオプションを売り、それよりも、アウト・オブ・ザ・マネーのオプションを買う組み合わせのこと

権利行使価格100円のプットを売り、権利行使価格95円のプットを買うと、プレミアムの差額の分、利益となる

プラス、売りと買いで、大きな変動を相殺できるから、損失を限定できる。


★ストラテジー

オプション取引においては、実際にとるポジションのことを「ストラテジー」と言います。
ストラテジーとは英語のstrategyのことで「戦略」という意味があります。オプションのポジションのとり方は無数にあり、株式や先物の取引のように、相場の上昇・下落の方向性を当てるだけでなく、ボラティリティの変化、タイムディケイ(時間価値の減少)、ミスプライス(理論価格からの乖離)、オプション価値の割高・割安を利用した裁定、権利行使価格の差を利用したスプレッド、残存日数の差を利用した限月間のスプレッド等、「戦略性」に富んでいます。
このような多彩なポジションがとれることを考えると、単にポジションと呼ばず、ストラテジーと呼ぶ理由が納得できます。
例:「買い戦略」、「売り戦略」、「スプレッド」(カレンダースプレッド、リバースカレンダースプレッド、クレジットスプレッド、レシオスプレッド)



★デルタ

・原資産の価格変動に対するオプション・プレミアムの変動率。

・デルタが高いオプションは、原資産価格の変動によってプレミアムが大きく変動し、デルタが低いオプションは原資産価格が変動しても、プレミアムが少ししか動かない。

コールオプションは、正、プットオプションは、負。

イン・ザ・マネーのオプションは、0.8~0.9以上のデルタ値を持ち、原資産の価格と、ほぼ連動してプレミアムが上下する。

アットザマネーは、通常0.5に近い。

アウトオブザマネーは、0.2以下が多く、原資産の価格変動がプレミアムに与える影響が小さい。

・原資産市場(FX市場)の価格の変化に対するオプション価格の感応度

オプション価格に影響を与える要因は、第一に原市場の動きです。デルタとは、原市場の動きに対するオプション価格の変化度を表したものです。例えば、デルタ0.50とは50%のことで、原市場の価格が1ドル動いたときに、オプション価格はその半分(50%)の0.50ドル動くことを意味しています。これを“デルタ・リスク”といいます。
原市場の動きはプレミアムに対して大きな影響力があり、それはデルタの大きさと関係があるのです。ここで言う“リスク”とは「損失の可能性」だけではなく「利益の可能性」をも意味します。つまりデルタが大きければ“損失の可能性も利益の可能性も高い”ということになります。ひと言で表現するなら、デルタはリスク(損益)の度合いを示しているのです。
デルタの表記法ですが、

*コールは0.50または50(=50%)、
*プットは-0.50または-50(=-50%)
プットはコールと相場の向きが逆であることを示すため「-(マイナス)」を数字前に置きます。


★ガンマ

・FX市場価格の変化に地アするオプションのデルタの変化率


★ベガ

・オプションのインプリライドボラリティの変化に対するオプション価格の変化率


★セータ

・時間の経過とともに失うオプションの価値

売り手さんからしたら、売ったものが安くなるので、買い戻す時に、得する。

買い手さんからしたら、買ったものが安くなるので、売る時に、損する。




テーマ - 外国為替オプション取引

ジャンル - 株式・投資・マネー

△page top

ママさんすみませんね私がOP勉強したほうがいいなんていったものですからw

http://www.option-dojo.com/

最初ここで勉強しましたw

私も。OPに関してはレベル的にはママさんと一緒でしてまだまだ勉強しないといけないと思っていますこれからですね

ではでは

外為FXテクニカル分析 | URL | #592Xd23o

2008/08/08 21:08 * edit *

>外為FXテクニカル分析 さん

いえいえ^^ とんでもない^^
もともと、気にはなってたのです。
ただ、とっかかりがなく・・・
なので、良いきっかけでした^^

私も、そのサイト、ブックマーク入れてました(笑)
性格なのか、ついつい複雑に考えるタチのようで、すぐ混乱するのですよね^^;;

ま。いつかなんとかなるでしょう(笑)

のんきなママ | URL | #-

2008/08/09 04:25 * edit *

のんきママさん>
ご自身でここまでまとめられて本当に素晴らしいと思います。すごい。頭が下がります。私だったら、仕事でディールやってなかったら絶対勉強しませんもんw

一点、ご注意を。

FXオプションはヨーロピアンオプションです。なので、権利行使できるのは権利行使日ただ一日です。

今後ともよろしくお願いします。私のほうにも、どしどし質問・コメント残していってくださいね。

鷹鳩 | URL | #-

2008/08/10 22:18 * edit *

>鷹鳩さん

(⌒▽⌒)アハハ!

いつもお世話になってます^^

欲張り&自分が納得なくちゃ、気がすまないのです^^;;

文才のない私からすると、鷹鳩さんのように「簡単にわかりやすく書ける」って方が、尊敬します "\( ̄^ ̄)゙ハイ!!

ヨーロピアンタイプなのですね
リョウカイッ!( ・Θ・)ゞピヨッ!!
追記させて頂いておきますm(*- -*)m

またよろしくお願いします^^

のんきなママ | URL | #-

2008/08/11 00:22 * edit *

明日があるさ

根気が無いので全部は読めませんでしたが、つまり、FXはコツコツということですね。

サイレンススズカ | URL | #-

2008/12/14 11:38 * edit *

>サイレンススズカ さん

何事も、コツコツのようですね^^
ただFXは、コツコツ・・・ドカン に要注意のようですが(笑)

のんきなママ | URL | #tHX44QXM

2008/12/15 17:55 * edit *

△page top

Secret

△page top

トラックバックURL
→http://mamanofx.blog99.fc2.com/tb.php/254-20b2f313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

最近のコメント

テーマ

Thank's !

Thank's !!

カテゴリ

検索フォーム

カレンダー

トレード記念

RSSリンク

MT4参考書

Ranking & Affiliate

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。