アクセスランキング

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 11

* ワンダーランドなFXと園芸 *

こだわることなく、まったりとやってゆきます。

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

米雇用悪化にドル・円下落104.48円、金融安定化法案は成立 

Posted on 20:10:13

いつも、読んでくださって、<(_ _*)> アリガトォ

------------------------

忘れていたので、φ(゚ー゚=)メモメモ

------------------------


yahooニュース

【ロンドン市場概況】

 3日のロンドン外為市場では、米9月雇用統計の発表や米下院の金融安定化法案の採決を控え、ドル・円は104円96銭から105円33銭で小動きが続いた。

ユーロ・ドルはショートカバーとみられる買いに1.3836ドルから1.3896ドルまで上昇

ユーロ・円は145円31銭から146円29銭まで上昇した。
ポンド・ドルは1.7661ドルから1.7727ドルで上下
ドル・スイスは1.1295フランから1.1339フランで推移した。

【ニューヨーク市場概況】

 3日のニューヨーク外為市場では、ドル・円は、5年半ぶりの大幅減少となった米9月雇用統計の非農業部門雇用者数に失望し104円48銭まで下落後、予想を上回る米9月ISM非製造業総合指数や下院での金融安定化法案の可決を織り込む動きに106円15銭まで反発したが、株価が下落に転じた事に連れ105円35銭に軟化し引けた。

ユーロ・ドルは、欧州金利先安観を受けた売りに1.3702ドルまで下落後、ユーロ・円絡みの買いに1.3915ドルへ反発し、1.3771ドルで引けた。

ユーロ・円は、欧日金利差縮小に143円98銭まで下落後、金融安定化法案の可決を受けた株価上昇に連れて146円86銭へ反発した。

ポンド・ドルは来週開催される英中銀金利政策決定会合における50ベーシスポイントの利下げ観測に1.7560ドルまで下落後1.7837ドルへ反発
ドル・スイスは1.1403フランまで上昇後1.1218フランへ反落した。

【FF先物米金利変更織り込み率(現在2.00%)】
12/16会合:1.75%(0%←4%)1.50%(49%←67%)1.25%(42%←28%)1.0%
(9%←0%)
【シカゴVIX指数:株式投資家の恐怖心理の度合いを示す指数】
45.14←45.26、日中最大45.52(08年最大:9/29 48.40)

【原油市場概況】

原油相場は3日連続で下落。
朝方91ドル台まで一段安となった後、米下院での金融安定化法案の修正案の可決期待を背景に強含む場面がみられたものの、法案可決後の株式市場の反落に伴い売りに押される展開に転じた。

米景気減速を受けた燃料需要の後退見通しも引き続き売り材料となり、NY原油先物価格は一時9/16以来の安値91.30ドルまで2ドル以上下落、結局93.88ドル(前日比-0.09ドル、-0.1%、年初来-2.2%)で取引を終えた。

なお、今週の原油価格の騰落率は-12.2%となった。

【株式市場概況】

NY株式相場は下落。

ダウ平均は157.47ドル安の10325.38、ナスダックは29.33ポイント安の1947.39で取引を終了した。

9月雇用統計は事前予想を下回ったものの、下院議会での金融安定化法案可決への期待から朝方は上昇して始まった。しかし、午後になって法案が可決、その後成立すると当面の材料が出尽くしたとの見方から下落に転じた。

セクター別では銀行や半導体・同製造装置が上昇した一方、各種金融や不動産が軟調。

米銀大手のシティグループ(C)による銀行部門買収に合意していたワコビア(WB)だが、ウェルズ・ファーゴ(WFC)が150億ドルで全部門の買収を提案したことが明らかとなり58%高。シティグループは訴訟も辞さない構えだが、18%安となった。またグラフィックソフトのアドビ・システムズ(ADBE)とセキュリティソフトのシマンテック(SYMC)はUBS証券の投資判断引き下げを受けて下落。アメリカン航空の親会社AMR(AMR)は9月の搭乗率が大きく落ち込んだことを明らかにして10%安。ダウ構成銘柄では、JPモルガン(JPM)やバンクオブアメリカ(BAC)など金融各社が売られた。

金融安定化法の成立を受けて金融株の空売り規制が9日から解除される為、依然として慎重な見方が多い。

【通貨オプション】
 ドル・円オプション市場は、金融安定化法案成立を受けてリスク警戒感に伴う買いが後退した。リスクリバーサルでは円先高感を受けた円コール買いが強まった。

変動率
1ヶ月物17.50%⇒16.15%
(最近の高値8/17=23%、99年来の高水準)
3ヶ月物14.70%⇒14.025%
(07年8/17=17.50%、2000年来の高水準)
6ヶ月物13.20%⇒12.625%
(8/17=15.25%、2000年来の高水準)
1年物11.95%⇒11.80%
(8/17=13.80%、2000年来の高水準)

リスクリバーサル(25デルタ円コール)
1ヶ月物+4.60%⇒+4.85%
(8/17=+6.5、2003年10月以来の高水準)
3ヶ月物+5.30%⇒+5.35%(8/17=+6.5)
6ヶ月物+5.60%⇒+5.325%(8/17=+6.5)
1年物+6.00%⇒+5.825%(8/17=+6.5)

【東京市場終値-ニューヨーク市場終値】

為替市場: (始値) (高値) (安値) (終値)
ドル・円 105.02 106.15 104.48 105.35
ユーロ・ドル 1.3838 1.3915 1.3702 1.3771
ユーロ・円 145.32 146.86 143.98 145.13
ドル・スイス 1.1331 1.1403 1.1218 1.1278
ポンド・ドル 1.7686 1.7837 1.7560 1.7719

株式市場:
NYダウ 10483.96 10796.26 10310.25 10325.38
ナスダック 2002.70 2046.81 1947.19 1947.39

債券市場: (始値) (終値)
米国債 2年物 1.614 1.586
米国債10年物 3.627 3.605
米国債30年物 4.151 4.088

先物市場:
NY金先物 842.0 847.0 825.0 833.2
NY原油先物 93.90 95.50 91.30 93.88
シカゴ日経平均先物 11105 11300 10920 10920

テーマ - FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!

ジャンル - 株式・投資・マネー

yahoo ニュース  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

最近のコメント

テーマ

Thank's !

Thank's !!

カテゴリ

検索フォーム

カレンダー

トレード記念

RSSリンク

MT4参考書

Ranking & Affiliate

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。