アクセスランキング

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 09

* ワンダーランドなFXと園芸 *

こだわることなく、まったりとやってゆきます。

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

株高にリスク回避後退100.09円⇒101.74円、原油70ドル割れ 

Posted on 09:26:18


いつも、読んでくださって、<(_ _*)> アリガトォ

-------------------------

yahooニュース

【ロンドン市場概況】
 16日のロンドン外為市場では、ドル・円は、米国株式指数先物の推移を受けたクロス円の動きに連れて100円62銭まで上昇後100円09銭まで下落した。

ユーロ・ドルは1.3413ドルから1.3489ドルまで上昇

ユーロ・円は135円52銭まで上昇後、134円42銭まで下落した。

ポンド・ドルは1.7282ドルまで上昇後、1.7200ドルまで下落

ドル・スイスは1.1398フランから1.1323フランまで軟調推移した。

【経済指標】
特になし

【要人発言】
クアデン・ベルギー中銀総裁
「ユーロ圏の景気見通しは金融市場混乱で急速に悪化した」

【ニューヨーク市場寄付】
ドル・円100円68銭、ユーロ・ドル1.3509ドル、ユーロ・円135円93銭、ポンド・ドル1.7262ドル、ドル・スイス1.1319フラン

【ニューヨーク市場概況】
 16日のニューヨーク外為市場では、ドル・円は、米10月フィラデルフィア連銀製造業指数が18年間で最低水準に落ち込み、米9月鉱工業生産も1974年12月以来で最大の下落を示すなどリセッション懸念に100円18銭まで下落後、株式市場が上昇に転じた事に連れたリスク回避の後退に101円74銭まで反発し、高値圏の101円57銭で取引を終えた。

ユーロ・ドルは、安全通貨のドル買いが継続し1.3540ドルから1.3382ドルまで下落し、1.3458ドルで引けた。

ユーロ・円は株価動向に連動し134円13銭から137円22銭の間を上下し、結局“往って来い”の展開となった。

ポンド・ドルは1.7160ドルへ下落後1.7353ドルまで反発

ドル・スイスは1.1283フランから1.1389フランまで上昇した。

【FF先物米金利変更織り込み率(現在1.50%)】
10/29会合:1.25%(54%←60%)1.00%(46%←40%)
12/16会合:1.25%(39%←36%)1.00%(48%←47%)0.75%(12%←15%)

【シカゴVIX指数:株式投資家の恐怖心理の度合いを示す指数】
67.61←69.25、日中最大81.17(08年最大:10/16 81.17)

【原油市場概況】
原油相場は3日連続で下落。

先週の原油、ガソリン在庫は共に500万バレル以上積み上がり、事前予想の2倍以上増加。

景気減速に伴う需要減退を受けた在庫増加が明らかになり売りが加速し、一時68.57ドルまで急落し07年8月以来で初めて大台の70ドルを割り込む。

NY原油先物価格は5ドル以上下落した後も安値圏で推移し、結局、約14ヶ月ぶりの安値水準の69.85ドル(前日比-4.69ドル、-6.3%、年初来-27.2%)で取引を終えた。

【株式市場概況】
NY株式相場は上昇。
ダウ平均は401.35ドル高の8979.26、ナスダックは89.38ポイント高の1717.71で取引を終了した。

朝方は小高く始まったものの9月フィラデルフィア連銀製造業指数が大幅に悪化し、景気後退観測が強まったことで下落に転じた。

しかし金融保証会社(モノライン)の救済観測や原油価格の下落を好感して引けにかけて再び大幅上昇となり値動きの激しい展開となった。

セクター別では保険を除いた全業種が上昇し、特にエネルギーや食品・生活必需品小売が堅調。

昨日の決算発表時に業績予想を下方修正したネット・オークションのイーベイ(EBAY)が下落。

またハートフォード(HIG)やメットライフ(MET)など保険各社が軟調推移となった。

一方で検索大手のヤフー(YHOO)はマイクロソフト(MSFT)のバルマーCEOが同社の買収は依然として理にかなうとの見解を示して上昇。また原油安を好感してUAL(UAUA)やコンチネンタル航空(CAL)など航空会社各社が買われた。救済策への期待感からモノラインのアムバック(ABK)も急騰。ダウ構成銘柄ではウォルマート(WMT)が9%高となった。マーケット終了後に検索大手のグーグル(GOOG)が発表した決算は26%の増益となるなど予想を上回り、時間外でも上昇して推移している。

【通貨オプション】
 ドル・円オプション市場は、株式市場の回復を受けたリスク警戒感の後退に買いが弱まるものの相場不透明感に堅調に推移した。リスクリバーサルでは根強い金融不安に下値ヘッジの円コール買いが引き続き強い。

変動率
1ヶ月物23.75%⇒22.75%
(最近の高値10/10=32%)
3ヶ月物18.125%⇒18.375%
(10/10=21.525%、98年10月以来の高水準)
6ヶ月物15.775%⇒15.60%
(10/10=17.275%、99年2月以来の高水準)
1年物13.50%⇒13.725%
(10/10=15.50%、99年4月以来の高水準)

リスクリバーサル(25デルタ円コール)
1ヶ月物+6.60%⇒+7.30%(10/10=+7.5)
3ヶ月物+7.00%⇒+7.50%(10/10=+7.65%)
6ヶ月物+7.025%⇒+7.55%(10/10=+7.65%)
1年物+7.175%⇒+7.60%(10/10=+7.600%)

【経済指標】
米・週次新規失業保険申請件数:46.1万件(予想47.5万件、前回47.7万件←47.8万件)
米・9月消費者物価指数(CPI):前月比+0.0%(予想+0.1%、8月-0.1%)、前年比+4.9%(予想+5.0%、8月+5.4%)
米・9月コアCPI:前月比+0.1%(予想+0.2%、8月+0.2%)、前年比+2.5%(予想+2.5%、8月+2.5%)
米・8月対米長期証券投資:140億ドル買い越し(予想300億ドル買い越し、7月86億ドル買い越し←61億ドル買い越し)
米・8月対米証券投資トータル:4億ドル売り越し(7月336億ドル売り越し←748億ドル売り越し)
米・9月鉱工業生産:前月比-2.8%(予想-0.8%、8月-1.0%←-1.1%)
米・9月設備稼働率:76.4%(予想77.9%、8月78.7%)
米・10月フィラデルフィア連銀製造業業況指数:-37.5(予想-10.0、9月+3.8)
米・10月住宅建設業者指数:14(予想17、9月17←18)
米・週次原油在庫統計(10/10時点)
原油在庫:前週比+561万バレル(予想+260万バレル、前回+812万バレル)
ガソリン在庫:同比+697万バレル(予想+300万バレル、前回+718万バレル)
留出油在庫:同比-45万バレル(予想+50万バレル、前回-49万バレル)
製油所稼働率:82.2%(予想83.7%、前回80.9%)

【金融政策】
FRB
「10/15時点加盟銀行向け窓口貸し出し1019億ドルと過去最高」

【要人発言】
ポールソン米財務長官
「経済が反転するまで救済策を続行」
「問題債権買い取りと株式購入は一体化」
「不良債権の買取続行」
「株式買い取り計画は銀行とS&Lを対象」
「住宅差し押さえを回避するために努力、更なる策も考慮する」
「注入された資本を貸出に充てるべき」
スターン米ミネアポリス連銀総裁(投票権有)
「資産市場バブルの問題の再度検討が不可欠」
「銀行救済計画は凍結した信用市場を支援」
「金融市場での前例のない問題により、米経済成長が数年にわたり抑制される可能性がある」
トレモンティ伊経済相
「金融危機について協議するため、米国11月の緊急7カ国財務相・中央銀行総裁会
議(G7)開催を計画」
ユンケル・ルクセンブルク首相兼財務相
「EUは景気刺激策を計画していない」
アルムニア欧州委員会委員
「経済成長にかなりのリスク」
「実体経済は深刻な問題に直面」
「EUは永続的に高い燃料価格に直面する可能性」

【東京市場終値-ニューヨーク市場終値】
為替市場: (始値) (高値) (安値) (終値)
ドル・円 100.43 101.74 100.09 101.57
ユーロ・ドル 1.3413 1.3540 1.3382 1.3458
ユーロ・円 134.71 137.22 134.13 136.71
ドル・スイス 1.1397 1.1398 1.1283 1.1376
ポンド・ドル 1.7221 1.7353 1.7160 1.7308

株式市場:
NYダウ 8577.04 9013.27 8197.67 8979.26
ナスダック 1639.66 1717.72 1565.72 1717.71
債券市場: (始値) (終値)
米国債 2年物 1.552 1.620
米国債10年物 3.945 3.961
米国債30年物 4.191 4.257

先物市場:
NY金先物 836.0 839.5 791.0 804.5
NY原油先物 70.40 70.40 68.57 69.85
シカゴ日経平均先物 8700   8800 8160   8805

-------------------------

通貨オプション ボラティリティー 再び急上昇、株安・円高懸念で
掲載日時:2008/10/16 (木) 11:04

配信日時:2008/10/16 (木) 10:54

     USD/JPY  EUR/USD  EUR/JPY  GBP/USD
1WK    32.51    22.02    36.74    20.02
1MO    25.83    19.01    29.97    17.31
3MO    19.62    16.51    23.38    14.91
6MO    16.38    15.00    19.22    13.85
9MO    15.14    14.38    17.47    13.55
1YR    14.47    14.00    16.52    13.25

         
     GBP/JPY  AUD/USD  USD/CHF
1WK    36.93    65.03    19.03
1MO    30.58    45.01    17.47
3MO    24.48    33.01    15.21
6MO    20.58    25.01    14.28
9MO    18.93    23.76    13.89
1YR    18.02    22.51    13.61
東京時間10:30現在 参考値

16日の通貨オプション市場では、各通貨のボラティリティー需要が高まっている。ドル円1weekは前日比26%台から一気に32%台へと上昇した。ユーロ円およびポンド円も前日の30%割れから36%台後半へと急上昇。豪ドル/ドルに至っては51%から65%へと上昇。



-------------------------



通貨オプション リスクリバーサル 円コールオーバー7%台に

掲載日時:2008/10/16 (木) 11:55

配信日時:2008/10/16 (木) 11:45

ドル円  7.35-7.65 円コールオーバー
ユーロ円 6.85-7.15 円コールオーバー
ポンド円 7.05-7.35 円コールオーバー

株価の大幅安に伴うリスクク回避需要の根強さを反映して円コール需要が円プット需要を大幅に上回る状況が続いている。円コールオーバーは各通貨で7%台と記録的な水準に達している。

※リスクリバーサルとは
同じ権利行使期日、取引金額、25%デルタのコールとプットを反対売買したときの差額をあらわしたもの。
理論上はコールとプットの価格は一致するが、実際のマーケットでは通貨の需給に偏りがあるため、差額が生じる。

---------------------------

通貨オプション ボラティリティー 高止まり
掲載日時:2008/10/16 (木) 19:34

配信日時:2008/10/16 (木) 19:24

   USD/JPY  EUR/USD  EUR/JPY  GBP/USD
1WK    31.52    24.01    38.52    22.52
1MO    23.75    19.51    27.75    19.01
3MO    18.56    16.50    21.51    16.31
6MO    15.80    15.50    18.16    15.60
9MO    14.73    15.00    16.85    14.50
1YR    14.15    14.50    16.15    14.00

         
   GBP/JPY  AUD/USD  USD/CHF
1WK    38.72    63.03    22.03
1MO    28.36    45.01    18.42
3MO    22.61    33.01    15.71
6MO    19.53    26.16    14.97
9MO    18.31    24.01    14.56
1YR    17.65    22.51    14.11
東京時間18:00現在 参考値

ボラティリティーは高水準が継続。東京時間午前と比べ、ドル円1Weekは1%低下したが、ユーロ円、ポンド円はともに1%上昇している。豪ドル/ドルの1Weekは63%と警戒感が非常に強い。

yahoo ニュース  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

最近のコメント

テーマ

Thank's !

Thank's !!

カテゴリ

検索フォーム

カレンダー

トレード記念

RSSリンク

MT4参考書

Ranking & Affiliate

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。