アクセスランキング

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 07

* ワンダーランドなFXと園芸 *

こだわることなく、まったりとやってゆきます。

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

ストップの決め方 

Posted on 03:19:48

いつも、読んで下さって、m(__)mアリガトウゴゼェマスダ

------------------------------------

教室の方は、内容かぶります(笑)

そして。今の私が思うに・・・なので、またいつか、自分で変更追加するかも?しれません(笑)


「ストップの決め方」

これ。あちこち読むと、人それぞれ。相場によりけり。
で、あたまグルグルします(笑)


私は・・・
裁量トレードタイプなので・・・


単純に、ストップ決めるルールは、2つで良い。

1.ポジションを持った理由 と、相場がそぐわなくなった時や状態を、基準とする。

2.自分が諦めつくところを、基準とする。

---

2の方が大事。
いちいち、損切りで、凹んだり、自信をなくしてたら、次のチャンスを逃す。

切る時には、アッサリきっぱり諦める。

その後、続けてトレードするなら、損切った事は忘れる。

トレード終了後なり、何かの合間なりに、なぜ損切りになったか?を、チャートを見てみる。

大抵、何か見落とすなり、時間の経過で、相場が変化していった兆候が見えるなり、がある。

なら、次回の、そうゆうチャートの形や状態なら・・・の対策を持てるようになる。

---

1を例えるなら・・・

下降トレンドの、第二波(=一度下げました、少し戻りがあったけれど、また下げ始めそう)から、ショートするとする。

ポジションを持った理由は、第二波の高値(抵抗線)とした所より、値が下にいる事が基準&根拠。

タイミングの都合上、ポジション持ったとしても、しばらく値は含み損ゾーンを、ウロウロしたとしても・・・

第二波の高値になるだろう と判断した価格(その高値の場所)より、値が上がりさえしなければ、もし、含み損ゾーンであったとしても、まだ、ポジションを持った根拠が残ってる。

けれど。
第二波の高値になるだろう と判断した価格より、値が上昇していったら?

基準にしてた事が、基準じゃなくなっちゃったんだから(笑)

ポジションを持った根拠は、打ち消された とゆうこと。

アッサリ諦めて、切れば良い(笑)

その後、どうするか?

当初の予定として、そのラインを超えるなら、ドテンしようと思っていたなら、ドテンすれば良い。

そのラインを超えても、このチャートパターンや値動きだと、ちょっとな・・・と思うなら、様子見。

---

抵抗線じゃなくても、インディケータを使っている人は、インディケータを境目にするも良し。

「これが、こうなったから、こうした」
これが、ポジションを持つ根拠。

「現状認識して、戦略を立て、値動きがそれに沿ったからポジションを持った」も同じ事だし。

「この川の、ここから入って、ここであがろう」も同じ事。


川の水が逆流することは、あまりないけれど(笑)

損切りとイメージ繋げるなら・・・

「この川の、この辺りの場所で入ってみて、あそこに流されていく予定だったのに・・・

変な方向に流されて、岩に向かって流されていくなら、命綱で助けてもらおう」

みたいな感じかな?(笑)



残るは・・・

その、最初に決めたポジションを持つ根拠 を、明確にする事と。

いろんな時間軸で、ポジションの保有時間やトレンドなどが変わってくるんだけれど・・・

ポジションを持ってしまってから、自分の中で、グラグラしない事。


どうしても迷いが・・・とか、自分の基準に自信がないし・・・とか、思うなら・・・

低レバで、相場が、30円逆行しても、へっちゃらよ ぐらいに、余裕を持って。

しばらく、上位足(特に日足辺り)のトレンドと同じ向きのみ、ポジションを持つ事をお勧めします^^

ラッキーだったら、利益になりやすいだろうし。

最悪、笑えるぐらい、逆行される(笑)

すると。何度か、そんな事をしていると・・・

ちょっとの含み損や、ちょっとの損切りで、びびってた自分が、バカらしくなる(笑)

さっさと切って、入りなおしてりゃ、良かったんやん!
何を思って、その1個のポジションに執着してたんやろ?

と、思えるようになる(笑)

と、細々した損切りは「ええい!切ってしまえー!」となる^^


で。今度、次は、損切り貧乏になるかも?しれないけれど。

全敗なら・・・ちょっとリアルトレードは、休憩して、チャートと格闘しましょうか(笑)

もし、利益で残っているのが、まざっているなら・・・

トレンドの追いかけ方と、玉操作の工夫を、考えましょうか^^


こうゆうのを、考える時のコツは・・・

「どうやったら利益で残せるのか?どうやったら損失を少なく出来るのか?」

ぽい視点で考えるんじゃなく

「どうやったら、トレンドを捕まえれるのか?」

を、重視に考えてみられるのが、最短コースかも?^^



ひとりごと  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

最近のコメント

テーマ

Thank's !

Thank's !!

カテゴリ

検索フォーム

カレンダー

トレード記念

RSSリンク

MT4参考書

Ranking & Affiliate

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。